会見に登場したコロッケ(右)とくまモン=大阪市内

写真拡大

 モノマネタレントのコロッケ(57)が28日、大阪新歌舞伎座で「コロッケ特別公演」の初日を迎え、終演後の会見で熊本県のキャラクター「くまモン」の動きをマネしようとし、腰を痛めて断念したこと明かした。この日の初日公演には、くまモンが応援に駆けつけていた。

 様々な動きを模写してきただけに、くまモンのモノマネにも挑戦したというが「くまもんのモノマネは無理でした」ときっぱり。くまモンが勢いよく振り向く仕草をモノマネしようとしたというが「腰を痛めてしまいました。もうやりません」と笑いながら明かしていた。

 熊本県出身のコロッケは、著名人では一番くまモンと会っていると話し、“盟友”が公演に駆けつけたことに「僕が一番喜んでいました」と笑顔。「モノマネをしているのでご本人登場だとびくびくする。くまモンだと安心です」と笑わせた。

 同公演は2部制で8月16日まで、大阪新歌舞伎座で行われる。