画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本はこのほど、小海線で7月1日から運行開始した「HIGH RAIL 1375」をはじめとする「のってたのしい列車」の2017年度下期の運転日を発表した。

キハ110系・キハ100系を改造した2両編成の「HIGH RAIL 1375」は「天空にいちばん近い列車」をコンセプトとした列車。車内では星空映像の投影や天文関連書籍が見られるほか、物販カウンターでのオリジナルグッズの販売、車内Wi-Fiによるオリジナルコンテンツの配信などが楽しめる。

10・11月は一部運転しない日を除いて金曜日と土休日に1日3本設定され、日中に小淵沢駅10時30分発・小諸駅12時31分着「HIGH RAIL 1号」、小諸駅14時22分発・小淵沢駅16時54分着「HIGH RAIL 2号」、夜に小淵沢駅18時12分発・小諸駅21時51分着「HIGH RAIL 星空」を運行。12月以降、来年3月11日まで土休日を中心に1日2本の設定となり、小諸駅11時28分発・小淵沢駅14時5分着「HIGH RAIL 2号」、小淵沢駅17時9分発・小諸駅20時14分着「HIGH RAIL 星空」が運行される。3月17日以降の土日は1日3本の運行に戻る。

今年リニューアルされた「POKEMON with YOU トレイン」は、臨時快速「ポケモントレイン気仙沼号」として、大船渡線一ノ関〜気仙沼間で土休日と年末年始期間・春休み期間に1日1往復運行。下りは一ノ関駅11時1分発・気仙沼駅12時51分着、上りは気仙沼駅14時37分発・一ノ関駅16時34分着となる。キハ100系を改造した同列車は、「親子でピカチュウと楽しむ列車」とのデザインコンセプトでリニューアルされ、家族で楽しめるコミュニケーションシート車両と、のびのび遊べるプレイルーム車両の2両編成で運行される。

その他の「のってたのしい列車」の運行情報については、JR東日本の「楽しい列車ポータル」サイトに掲載される。