ダニエル・ホーのアイディアを盛り込んだモデルもラインナップ、ウクレレブランド「ロメロ・クリエイションズ」日本上陸

写真拡大

グラミー賞受賞アーティスト、ダニエル・ホーとのコラボレーションで誕生したモデルをラインナップするウクレレ、ギターブランドのRomero Creation(ロメロ・クリエイションズ)が日本上陸。ヤマハミュージックジャパンが日本国内における取り扱いを開始し、9月上旬から発売する。7月27日に開催された発表会には、この日のために来日したダニエル・ホーが登場、演奏を披露するとともに、自らウクレレを紹介した。

ロメロ・クリエイションズは、世界的なクラシック・ギター奏者Pepe Romero Sr.(ペペ・ロメロ シニア)を父に持つ新進気鋭のギター製作家Pepe Romero(ペペ・ロメロ)が立ち上げたブランド。ペペ・ロメロ氏は、1990年代後半より米国カリフォルニア州サンディエゴに工房を構え、自身の手による高品質なウクレレ、ギターを世に送り出してきた。彼が製作したウクレレ、ギターはジャック・ジョンソンをはじめ、数々の著名アーティストの支持を得ている。

ヤマハミュージックジャパンが取り扱いを開始するロメロ・クリエイションズブランドは、さらに多くの人に自身のウクレレ、ギターを弾いてもらいたいというペペ・ロメロ氏の思いから誕生し、自らの手工品の設計思想を生かした普及品を中心としたラインナップを揃える。制作はベトナムのギター工房で伝統的工法によるハンドメイドで行われている。

発表会ではペペ・ロメロからのビデオによるメッセージも紹介された。「ロメロ・クリエイションズはまだ若い会社ですが、カスタムウクレレに手が届かない人にも優れたデザインのウクレレを提供することを企業理念としています」「スペイン出身の一家に生まれ、クラシックギターを愛する家族の元で育ちました。祖父や父達から伝統的な音楽の素晴らしさについて教わりました(父・祖父ともに著名なクラシックギター奏者)。彼らから受け継いだ伝統的なクラシックギターの音への愛や知識をウクレレに注ぎ込んでいます。私が父やダニエル・ホーとともにデザインしたウクレレはすべて手にした楽器への探究心を掻き立てて止まない、そんなスピレーションを与える最高の音を生み出すよう設計されています。」

ロメロ・クリエイションズのラインナップで注目したいのは、ブランドを代表するウクレレのモデル「Tiny Tenor」と「XS Soprano」が、ダニエル・ホーとのコラボレーションによってデザインされていること。

ダニエル・ホーはロス・アンゼルス在住のマルチミュージシャンで、これまでグラミー賞のハワイアン音楽部門ベストアルバム賞を6年連続で受賞。2017年2月にはB'zの松本孝弘とのアルバム『Electric Island, Acoustic Sea』をリリース、ツアーも行っている。

「音を犠牲にすることなく、“コンサートサイズのテナーウクレレ”を作れないだろうか?」というダニエル・ホーのアイディアを盛り込み、高品質なサウンドと、コンパクトで持ち運びのしやすさを追求したのが「Tiny Tenor」と「XS Soprano」。以下ではこれらを含むロメロ・クリエイションズのラインナップを、発表会でのダニエル・ホーのコメントを交えて紹介する。

■Tiny Tenorシリーズ

ダニエル・ホーがメインで使用しているモデルが「Tiny Tenorシリーズ」。コンサートウクレレのサイズ感ながらテナーならではの豊かな演奏表現が可能。ボディ材(トップ/サイド/バック)はマホガニー、ハワイアンコア、スポルテッドマンゴー、音色の違う3種類をラインナップ(いずれも単板)。弦はLow-Gのみとなる。

「Tiny Tenorについては、たくさんお話したいことがある」と始めたダニエル・ホーは、「フルスケールのウクレレと同じ17インチスケール。しかし、全体の長さは23インチ。つまりコンサートウクレレのケースに入ってしまう大きさ」とそのコンパクトさを説明。コンサートウクレレは最も人気のあるサイズだが、プロの奏者はテナーウクレレを弾くことが多い。なぜならもっと大きな音が出るし、スケールも長いのでいろいろな音が出しやすいからだ。そこでダニエル・ホーはペペ・ロメロ氏に「今あるウクレレのすばらしい特徴を全部揃えて、もう一段階先に進めないか?」と提案。数ある要望の中で一番最初に出てきたのが、「フルテナーのウクレレのサウンドが欲しい、でも、それをコンサートサイズのウクレレのケースに入れることはできないか?」というアイディアだったという。それを実現するために行われたのが、サウンドに直接影響のないパーツをできるだけ小さくすること。たとえば、ヘッドは一般的なウクレレよりもだいぶ小さい。