ロシアの首都モスクワにある米大使館の建物(2000年5月13日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)ロシア外務省は28日、米上院で制裁強化法案が可決されたことへの対抗措置として、米政府にロシア駐在の外交官の数を減らすよう求めたことを明らかにした。

 ロシア外務省は声明で、「米政府側にモスクワ(Moscow)の米大使館および総領事館に勤務する外交官および専門職員の数を、米駐在のロシア外交官および専門職員と全く同数にするよう提案した」と発表。米国の駐ロ外交官および職員の数を455人に減らすよう求めた。
【翻訳編集】AFPBB News