クレイジーケンバンド、『将棋めし』で4年ぶりにドラマ主題歌を担当!

写真拡大 (全18枚)

 今年で結成20周年を迎えるクレイジーケンバンドが内田理央主演ドラマ『将棋めし』(フジテレビ)の主題歌を担当することが決定。同グループがドラマ主題歌を担当するのは約4年ぶりだ。

 クレイジーケンバンドは8月2日にリリースするオールタイムベストアルバム『CRAZY KEN BAND ALL TIME BEST ALBUM 愛の世界』から「流星ドライブ」&「地球が一回転する間に」の2曲を提供する。これは話ごとに主題歌が入れ替わるという試みで、主演の内田も「主題歌が2曲という事で、今日はどっちの曲が流れるか楽しみですし、思わず体が動いてしまうような疾走感のあるメロディに元気をもらいました!」とコメントを寄せている。

 同ドラマは「月刊コミックフラッパー」で連載中の“食×女流棋士”という異色のコラボを描くグルメ漫画の実写化。全8話構成で7月31日12時からフジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」で配信がスタートし、8月2日26時40分から地上波フジテレビ系列でも放送される。