Image: Shutterstock
※写真はイメージです


夏フェスも屋内か。

街角でギターケースを背負ったバンドマンを見るたびに、ちょっと胸がザワってなりませんか。「あの時...諦めなかったら今頃は...」なんて懐かしくも苦い気持ちが湧いてきますよね。分かります、バンドに入ったこともなく楽器は一切触ってこなかった私ですら(妄想で)センチメンタルになるんですから、きっと実際にバンドをしていた方々は楽器を触りたくて指がウズウズするのでしょう。

しかし、ワシントン大学、スウェーデン神経科学研究所(シアトル)の研究者たちによって開発された新しい楽器「エンセファロフォン(Encephalophone)」なら、指じゃなくて脳がウズウズすること間違い無しです。

科学雑誌「Frontiers in Human Neuroscience」に実験結果が発表されたこの楽器、なんと脳波を通じてシンセサイザーを演奏するというもの。研究の概要では次のように説明されています。



視覚野の後頭部優位律動、もしくは運動野のμ律動における、アルファ波(8-12 Hz)の強さが音程へと変換されます。これはリアルタイムに個人(演奏者)が操作することができます。

今回の研究に参加したのはこの技術の経験が全くない15人。実験では目を閉じる、開く、という実際の動きによって脳波をコントロールする方法(視覚野:後頭部優位律動)と右手を握りしめる、開くという動きを想像するだけで脳波をコントロールする方法(μ律動)の二つがとられたとのこと。

15人全員がランダムな音程生成よりも高い正確さで狙った音程を出すことに成功したそうです(後頭部優位律動67.1%、μ律動57.1%、ランダムの場合は19.03%)。これによってトレーニングを一切していない素人でもある程度の音程コントロールが可能なことが分かります。

動作の単純さ、わかりやすさから目の開閉でのコントロールの方が正確さが高くなっていますが、動きを想像するだけでのコントロールも感心してしまう正確さです。

新しい楽器の登場ですね。こんな楽器担当だったら私もバンドやってたかもしれません。

むしろエンセファロフォンのみで編成されたバンドだったら、今も脳波計ケースを担いで町を闊歩してたかもしれないな、なんて切なくなります。でも音楽なんてそんなに甘いものじゃないですよね...。たぶん最初は上手くいっても、最終的には音楽性(脳波)の違いで解散してしまうんでしょう。結局、病院で脳波計を見るたびに脳が切なくウズウズしてしまう...そんな大人になっているのが想像できます。

もちろん、こんな私の愚かな妄想のために存在している楽器ではなく、将来的にはリハビリや障がいを持つ人のためのコミュニケーションツールとしての応用方法が考えられます。現時点では演奏できる音の幅を広げるなど楽器自体を洗練させると共に、練習によってどれくらい正確性が向上されるのかをテストする予定です。今年末までには実際に障がいを持つ人々の参加を募って臨床試験を開始したいとのこと。今後の発展に期待したいテクノロジーです。


Image: Shutterstock
Source: Frontiers in Human Neuroscience via The Verge

(塚本 紺)