【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

写真拡大 (全4枚)

そろそろ『スプラトゥーン2』に慣れてきてガチマッチに挑もうとしている人たち、あるいは少しずつガチマッチに挑戦しているというプレイヤーの皆さんも多いのではないでしょうか。名前のとおりガチマッチはガチにバトルするものになっており、ルールもナワバリバトルとは少し異なります。

今回の記事では、そんなガチマッチにおける基本をお伝えします。これを読めばウデマエがグンと上がる……かどうかは保証できませんが、知っていると得する情報をまとめています。

◆ガチエリアの基本とコツ
ガチエリアは、ステージ中央にあるエリアを奪い合い、より多くのカウントを稼いだチームが勝利となるルールです。ガチマッチの中では最もオーソドックスな内容になっており、日本ではこのルールが一番人気となっています。

エリアを奪えばいいということで割とナワバリバトルに近いように思いますが、塗るべき場所が限られるだけでバトルの感覚はかなり変わります。特に、エリアを奪った時いかに守るか、エリアを取り返す時いかに味方と息を合わせるかが重要になります。

■3つのルートを覚える
『スプラトゥーン2』のステージは、左・中央・右の3ルートが用意されていることがほとんどです。攻める時はそれぞれからバランス良く攻めたほうがいいですし、守る時はどこかを見逃していると裏をかかれてしまいます。

また、ルートを選ぶ際には自分のブキに向いたものを選びましょう。たとえば直線的なところであれば長射程ブキが有利ですし、逆に入り組んだ場所であれば短射程シューターやノヴァブラスターなどが有利になります。とはいえ、誰も守っていないルートがある場合は無理にでも守る必要があるでしょう。

■ペナルティを意識する
奪われたエリアを敵チームから取り返すと、相手にペナルティ(カウントの下に表示される+○○というもの)がつきます。ペナルティがついたあとは仮にエリアを取り戻したとしても、そのペナルティがゼロになるまでカウントが進まないようになります。

そのため、エリアを奪い返せる時はきちんと塗って相手にペナルティを与えましょう。このペナルティの存在はかなり大きく、たとえカウント1まで押し込まれても逆転できる可能性は十分にあります。

■スペシャルウェポンをあわせる
どのルールでも同じですが、味方とスペシャルウェポンのタイミングを合わせるのが重要です。自分ひとりの時にマルチミサイルを撃っても避けられるだけですし、インクアーマーを使うならみんなで攻めている時のほうがいいのは言うまでもなく。やられた味方がいたら、復活するまで塗りながら待ってあげましょう。

◆ガチヤグラの基本とコツ
ヤグラに乗って相手陣地のゴールを目指すガチヤグラ。ヤグラは特定のルートで進むため(地面の進行ラインでどのように動くかわかります)、まずはさんぽをしてルートを確認しましょう。

■ヤグラに乗るのはひとりでよいが、乗らないのはダメ
ヤグラは誰かが乗っている時にだけ進行します。そのため、相手の数が減ったチャンスだと思ったら積極的に乗るべきです。ただし、前作と異なり今回は何人乗ってもヤグラのスピードは変わらない模様。そのため乗るのはひとりで良いのですが、そうなると皆「きっと誰かが乗るだろう……」と思い出すので注意が必要です。

■カンモンが攻めと守りのキモ
ヤグラを進めていくとカンモンに行き当たります。カンモンでは一定数のカウントの間、強制的に足止めされることになります。防衛側からすればこれは非常に大きなチャンスで、必ずここで相手のヤグラを止めたいところ。事前のさんぽで、カンモンのヤグラをどう攻撃すると止めやすいか考えておきましょう。