まだまだSuica派ならカード入れ付きiPhoneケースは必要ですよね

写真拡大

スマホケースはさまざまなタイプが登場していますが、交通系ICカードや電子マネーカード、クレジットカードなどを入れられる<カードスロット>を搭載していると非常に便利です。おサイフケータイやApple Payなどと同様に、スマホをリーダーにかざすだけで決済が完了するお手軽さを体験すると、本当に手放せなくなりますよ。

ROOXが販売を開始したS2B社のiPhone7用のスマホケース「S2B Alex」は、引き出し式のカードスロット(1枚収納可能)を搭載しているのが特長です。カード全体が収まった状態で収納部がスライドする仕様のため、ケースにカードが入っている様が外からは見えず、またケース本体をスマホに装着したままカードだけを取り出せます。

さらにSuicaなどの電子マネー機能を備えたICカード利用に備え、スマホ本体からの干渉を防ぐ<非接触型ICカード用エラー防止シート>を内蔵しており、改札やレジなどでのICカード決済やカードへのチャージがストレスなく行えます。

ケース本体のサイズはiPhone 7の美しいフォルムを損なわない142mm×74mm×厚さ13mmで、重さは53g。ケース全体はTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材、カードスロットがあるボディ部は硬質ポリカーボネート素材の2層構造を採用しています。

ケースの上端部と下端部はiPhone 7本体が見えるクリアな透明仕様。メタリック塗装を施したボディ部のカラーリングは全4色(ブラック・ゴールド・シルバー・ローズゴールド)で、iPhone 7本体に合わせて選択できます。

iPhone 7を衝撃などから守りつつ、電子マネーカードによる決済も可能なスマホケース。価格は2430円です。

>> ROOX「S2B Alex」

 

(文/&GP編集部)