カンニング竹山、松居一代への「ババア」発言を直後に撤回したワケ

写真拡大

 7月26日に放送されたバラエティ番組「マジガチランキング」(AbemaTV)にて、MCのカンニング竹山が、話題のタレント・松居一代に対し、強烈な印象を述べる一幕があった。

「番組では、小池百合子、蓮舫、松居一代、上西小百合の中で、母親にしたくないのは誰かというテーマで、視聴者に生投票を呼びかけました。その結果、松居が半数以上の票を獲得し1位に。だがゲストの菊地亜美は、この話題を振られると、『松居さんは本当に素敵だと思う』とコメント。しかしその優等生的な発言に納得がいかなかった竹山は『いやいや、あんなババア素敵じゃねぇだろうよ!病気でおかしいババアじゃねえか!』と、本音を炸裂させ、スタジオを騒然とさせました」(テレビ誌記者)

 この発言に菊地は「一緒に映さないで!」と焦り出し、竹山も「あ、ヤバい!あの人、地上波は見てないけどインターネット見てた」と語り、「嘘です!すみません」と謝罪する事態となった。

 その松居だが、7月27日発売の「週刊文春」によると、彼女はこの騒動をビシネスにし、巨額の収入を手にしているという。

「世間でも話題となり、大量のアクセスを記録したYouTubeの動画は、広告を掲載していないため、松居の元にお金は入りません。しかし『週刊文春』が、松居のブログを運営するサイバーエージェントに取材したところ、ブログの方には広告が導入されており、広告収入は本人に還元していると明かしました。またジャーナリストは、推定で毎月500万円以上の収入がある可能性を述べています」(芸能記者)

 現在の総資産は30億とも噂される松居。今回の騒動で、その資産をさらに増やすこととなるのだろうか。