目を大きく見せる!涙袋をメイクで作る方法が話題!

写真拡大 (全15枚)

女性の憧れでもある「涙袋」。実際、涙袋がある女性って男性から結構モテたりするので、涙袋がない女性からしてみればかなり羨ましいですよね。でも最近のメイクは非常に進歩していて、なんと涙袋も作れてしまうのです!そこで、今回は涙袋を簡単に作れるメイク方法についてご紹介していきます。

元人気モデル、永棟安美さんの涙袋の作り方

自然な涙袋の作り方

今回涙袋のメイク方法を教えてくれるのは、元人気モデルのYouTuber、永棟安美さんです!

では、早速メイク方法について見ていきたいと思います。

涙袋を作るメイクアップは簡単!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

永棟さんは、メイクアップ道具にカネボウの「KATE デザイニング アイブロウ N EX-5」という商品を使っています。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

永棟さんは、以前涙袋を描くときは一番薄い色のアイブロウを使っていたのですが、現在は一番濃い色と中間の色の2つを使って描いています。

濃い色を使ってぼかしながらうまく描ければ、より立体的な涙袋に仕上げられるとのことです!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

そして、今回のメイクアップで欠かせないもう一つの道具が「綿棒」です。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

まずは、アイブロウの尖っている部分に一番濃いカラーをつけます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

次に、アイブローで涙袋を描いていきます。黒目の下あたりにある涙袋の線に沿って、5mmくらいの印をつけます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

このような感じで涙袋を描いてください。結構薄めに塗っているので、パッと見はよく分からないですが、ここからどのように仕上げていくのでしょうか?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

続いて、先ほど描いた印を涙袋の線に沿って、綿棒で両端に薄く伸ばしていきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

この時、あまり強く伸ばそうとするとコンシーラーなどが剥げてしまう恐れがあるので、軽く綿棒を持ってなるべく優しくなでてあげるのがポイントです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

次に先ほどと同様、尖っている部分のブラシに真ん中のカラーをつけます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

そして、印をつけた両端のぼかした部分に重ねて左右に伸ばしていきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

出来あがりはこのような感じです。近くで見ても全然描いた涙袋のようには見えませんね!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

遠くから見ても、涙袋がはっきりとわかります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

もし濃く描きすぎてしまった場合は、再度綿棒を使って涙袋の両サイドの部分を薄く広げてあげればOKです!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6DPb7Kjs358

メイク前と後ではかなり差が出ますね。涙袋があると優しい表情になっている気がしませんか?(※画像ではbeforeとafterが反対になっています)

とても簡単に涙袋を作ることができました!

人気YouTUberただのよしのさんが教える涙袋のメイクアップもチェック!

【ポイントメイク】涙袋の作り方をねおがよしのに聞いてきました!ねおweek5日目!

今回永棟安美さんが教えてくれた涙袋のメイクアップは、さすが元人気モデルということもあって、手早く簡単に仕上げることができましたね!

ちなみにYouTubeにはご存知の通りたくさんのメイク術動画がアップロードされており、こちらの動画では人気YouTuberのただのよしのさんが3本のアイブロウを使った涙袋を作る方法を教えてくれているので、ぜひ併せてチェックしてみてください。

The post 目を大きく見せる!涙袋をメイクで作る方法が話題! appeared first on dora.