リヴァウド氏の息子がスーパーゴール! ビルバオ相手に弾丸ミドルを突き刺す

写真拡大

 元ブラジル代表FWリヴァウド氏の息子であるFWリヴァウジーニョは、今年からルーマニアの名門ディナモ・ブカレストでプレーしている。

 22歳の若きストライカーは、このほど行われたアスレティック・ビルバオとのヨーロッパリーグ予選3回戦ファーストレグで凄いゴールを決めた。

 ピッチ中央でボールを受けると、右足を一閃! ボックス外から強烈なシュートを突き刺し、ゴールを奪ってみせた。

 1点ビハインドの後半頭から投入されたリヴァウジーニョは、出場から10分も経たないうちにこの一撃を叩き込んだ(ユニフォームを脱いだことでイエローカードも受けた)。

 スタンドで息子のゴールに歓喜したリヴァウド氏は試合後、自身のインスタグラムでこのゴールを報告。「息子が今日の試合で決めたゴールだ。ディナモファンとルーマニアの人々が私にくれた愛情にも大いに感謝する」などとつづっていた。

https://www.instagram.com/p/BXEFl5wFURw/

 試合は1−1の引き分けで終了。セカンドレグは8月3日にアスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスで行われる。

(記事提供:Qoly)