4歳のルーク・スウォフォードくんには、『小さな家族』がいます。

それは、1体のテディベアです。

出典:Nikki Swofford

中でもお気に入りなのが、1年前に購入した、大きな茶色のテディベア。

トイレトレーニングをする時、お昼寝をする時、夜寝る時…いつだって2人は一緒でした。

出典:Nikki Swofford

テデイベアがボロボロになってしまっても、お母さんが何度も縫い直したり、綿を詰め直したり、洗ったりしていたそうです。

ずっと一緒にいたテディベアをなくした男の子

2017年7月20日、アメリカのテキサス州にある、ダラス・ラブフィールド空港で事件が起こります。

21時ごろに飛行機を降り、荷物をすべて車の中に運び入れたルークくん一家。しかし出発後、テディベアがどこかへ行ってしまったことに気付きます。

出典:Nikki Swofford

ABCニュースに対し、ルークくんの家族はその時の状況をこのように語っています。

祖父が荷物を車に積み込もうとした際、テディベアがベンチから落ちてしまったのかもしれません。
急いでいたため、すっかり忘れてしまったのだと思います。

テディベアがないことに気付き、急いで空港に戻ったのですが、見つかりませんでした。

ASC NEWS ーより引用(和訳)

深い悲しみに暮れるルークくん。ずっと一緒だった親友が、突然いなくなってしまったのですから、無理もありません。

そんな姿を見るに見かねて、両親はダラス・ラブフィールド空港に連絡。自身のFacebookでも呼びかけると共に、こう投稿しました。

彼(テディベア)は、私たち家族の1人です。

「家族は何人?」と聞くと、息子は5人と答えます。
パパ、ママ、ぼく、妹、そしてテディベア…と。

Nikki Swofford ーより引用(和訳)後日、空港のスタッフがテディベアを発見!

テディベアがいなくなって、数日後。ダラス・ラブフィールド空港から連絡が入ります。

なんと、1人のスタッフがテディベアを発見したというのです!

家族が空港に迎えに来るのを待っている間、スタッフたちはテディベアに極上の体験をさせてあげました。「もうすぐルークくんが迎えに来るよ、よかったね!」という思いを込めて…。

素敵な服を着て、操縦席に座ったり、車の上に乗ったり…心なしか、テディベアも嬉しそうに見えます!

空港に着いたルークくんは、テディベアを抱きしめて再会を喜びました。あまりの嬉しさに、テディベアをぎゅっとしながらずっと飛び跳ねていたそうです。

どこに行くにも、いつも一緒だったテディベア。この数日間、離れてしまって本当に寂しかったことでしょう。

この再会も、空港のスタッフたちが根気強く探してくれたからこそ。

ルークくんと離れている間、寂しい思いはしたものの、素敵な経験をすることができて、テディベアも嬉しかったのではないでしょうか。

これからも、2人で素敵な毎日を過ごしてね!

[文・構成/grape編集部]