ルヴァン杯・C大阪戦で競り合う甲府・道渕(右)=4月12日、中銀スタ(提供・共同通信社)

写真拡大

 J1甲府は28日、MF道渕諒平(23)が知人女性に暴力を振るったとして暴行容疑で警視庁に逮捕されたと発表した。

 甲府は詳細は把握できてないとした上で、23日に都内で事件は発生しており、現在も道渕容疑者は勾留されているという。

 甲府は「弊クラブ所属選手が警察に逮捕されるという事実が起きたことは誠に申し訳なく思っております。被害者の方に心よりお見舞いを申し上げます。そして、ヴァンフォーレ甲府を支えてくださるファン・サポーター、地域の皆様、またJリーグを支えて下さる全ての皆様に心よりおわび申しあげます」とコメントを発表した。

 今後の処分については、事実関係のさらなる確認を行ったうえで厳正に対処するとしており、さらには再発防止にも努めるとしている。

 道渕容疑者はJ1仙台ユースから明大に進学し、今年から甲府に加入。開幕戦のG大阪戦(吹田サッカースタジアム)に途中出場し、デビュー。その後も地元宮城で行われた6月4日の仙台戦(ユアテックスタジアム仙台)で途中出場するなど、ここまでリーグ戦4試合に出場していた。