「わたしたちの福岡県展2017」

写真拡大 (全7枚)

 福岡県は8月、小学生でも県について楽しく学べる「わたしたちの福岡県展」を開催する。「神が宿る島」として話題で、登録されたばかりの世界遺産「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を紹介するほか、知事室見学やものづくりを体験する「よかもん体験ひろば」を同時開催する。

 「わたしたちの福岡県展2017」は、8月1日から8月25日にかけて福岡県庁で開催する。歴史や自然、農林水産業、ものづくり、国際協力など15のテーマをパネルや実物で展示して、福岡県を紹介する。2017年は世界遺産に登録されたばかりの「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」のコーナーも設け、詳しく知ることができる。来庁した小学生には「福岡県庁自由研究ノート」をプレゼントされる。

 福岡県展と同時開催する「よかもん体験ひろば」では、25の体験プログラムを用意。普段は入ることのできない知事室や応接室を見られる「知事室見学」や、県が公用車として導入している水素燃料電池自動車の試乗、ソーラーカー作りやねじロボット製作などの自由工作、博多人形の絵付けなどの伝統工芸、ペーパークラフト、八女茶の淹れ方などの体験ができる。

 予約不要の燃料電池自動車の試乗や、簡単な模型飛行機をつくる「きみも ちいさな パイロット!」のほかは、事前に申込みが必要。受付は県のWebサイトにて、7月20日より先着順で開始されている。「オリジナルキーホルダーをプラバンでつくろう」、「夏休みこども八女茶研究室」については当日受付も可能。

 対象はおもに小学生で、プログラムにより対象学年や参加費が異なり、保護者の同伴が必要となる場合もある。各プログラムの詳細は県Webサイトにて確認できる。

◆わたしたちの福岡県展2017

期間:2017年8月1日(火)〜25日(金)9:00〜17:00(土日祝は除く)

※最終日(25日)は15:00まで

場所:福岡県庁1階ロビーおよび11階「福岡よかもんひろば」

【よかもん体験ひろばプログラム】

対象・開催日時・参加費:プログラムにより異なる

参加申込み:福岡県庁Webサイトの申込みフォームより受付

※先着順

1.知事室見学

2.燃料電池自動車の試乗体験 ※申込不要

3.つまみ細工のグリーティングカード作り(夏の風景〜朝顔〜)

4.マグネシウム燃料電池カーを作ろう

5.ソーラーランタンを作ろう

6.ミニソーラーメタルカーを作ろう

7.はじめて体験する「IoT」

8.匠に学ぶ、ものづくり 〜カラフル珪藻土塗り〜

9.匠に学ぶ、ものづくり 〜お家を建てよう!〜

10.匠に学ぶ、ものづくり 〜裂き織りコースター〜

11.匠に学ぶ、ものづくり 〜本立て製作体験〜

12.匠に学ぶ、ものづくり 〜ねじロボット製作体験〜

13.紙粘土でつくるパフェ

14.カルタでワクワクものづくりワークショップ

15.きみも ちいさな パイロット! ※申込不要

16.ゴム動力ミニカーとスライムを作ろう

17.トイレットペーパー芯ロケットとペーパークラフトを作ろう

18.牛乳パックを土台に小物入れを織ってみよう

19.福岡の花を使ったフラワーアレンジメント教室

20.博多人形の絵付け

21.オリジナルキーホルダーをプラバンでつくろう ※当日受付も可(申込優先)

22.夏休みこども八女茶研究室 ※当日受付も可(申込優先)

23.モマ笛絵付け

24.折り紙ユニットで立体を作ろう

25.LEDランプシェードづくり 《リセマム 勝田綾》