お固いくらいがイイ!何故かモテる「ガード固い系女子」の演じ方

写真拡大



ガードが固い女の子って話しかけ辛くて、あんまりモテなさそうなイメージがありませんか?


しかしガードが固い女の子は付き合う相手としてとても安心出来ますし、またその付き合い辛さが男性の狩猟本能をくすぐるみたいで、実はわりと人気なんだそう。


そこで今回は、「ガード固い系女子」の演じ方について紹介致します。皆さんもぜひ、参考にしてみて下さいね!

■1.絶対に終電を逃さない

「簡単に終電を逃すような子って、貞操観念が低そうだし絶対に付き合いたくない。終電を逃さないように早めに帰る女の子は、とても好感度が高いです」(24歳/広告)


終電を逃す女の子の方が「ノリが良い」と思われ、チヤホヤされるかもしれません。でも男性が本当に付き合いたいのは、ガードが固く、終電でしっかり帰る女の子。


気になる男性がいる飲み会で、1人だけ早めに帰るのは気が引けるかもしれません。しかしそこはグッとこらえて。「清楚で硬派な女性なんだな」と思ってもらえるよう、早く帰ってアピールしましょうね。

■2.露出控えめな服装

「あんまり肌を出さないって女の子は萌えるね。付き合ってからの楽しみがいっぱい増えるし。もちろん露出の激しい女の子は好きだけど、彼女にはしたくないなぁ」(25歳/


露出の激しい格好を元々嫌がるタイプの男性もいますが、基本的に男性は露出している女の子(ただし可愛い子に限る)が好きみたいです。


しかし、それと付き合うのとは話が別!真剣に付き合うのであれば、露出が少なくガードの固い女性の方が良いに決まっています。また、付き合ってからのお楽しみも与えることが出来るので、できるだけ普段から露出は控えめにした方が良さそうですよ。

■3.下ネタは苦笑いで対応

「下ネタが苦手な女性って良いよね!男慣れしてない感じも好き。育ちが良い感じがして、付き合いたいなぁって思うかも」(22歳/ベンチャー)


下ネタは素早くシャットダウンし、苦笑いをすることがベストな対応。下ネタにのらないだけでも、簡単に「ガード固い系女子」を演じることが出来ちゃいます。


さらに下ネタ用語に対し「知らない」を演じることも出来れば、もう男性はアナタの虜になっちゃうかもしれませんよ!

■4.聞き役に徹する

「あんまり自分のことを話してくれないと、ガード固いな〜って思うかも。でも俺の話をひたすらニコニコ聞いてくれる子って、可愛いから好き」(25歳/不動産)


男性はグイグイ話してくるタイプよりも、ニコニコと自分の武勇伝を聞いてくれる女の子が好きです。そんな女性になるためにも、聞き役に徹してみて下さい。


自分の話をあまりしない女性に対し、「ガードが固い」と感じる男性は多いそう。そんなガードを崩していくことに男性は喜びを感じるはずなので、なるべく高いガードを建設するようにしてみて下さいね。

■おわりに

皆さんも以上の行動をすることで、「ガードが固い女」だと思われるはずです。意外と需要がある「ガード固い系女子」。皆さんも演じてみてはいかがでしょうか。(霧島はるか/ライター)


(ハウコレ編集部)
(ササキミウ @M_Y_3733/モデル)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)