惚れる!長篠の勝利に貢献した武士・鳥居強右衛門のアツ過ぎる生きざま!って鳥居強右衛門て誰?

写真拡大 (全4枚)

鳥居強右衛門って誰?

長篠の戦いは、織田信長と徳川家康からなる連合軍が最新鋭の火縄銃を使った戦法で、戦国きっての猛者だった武田勝頼の騎馬隊を殲滅した戦いとして知られています。

今回紹介する鳥居強右衛門(とりいすねえもん)は、その命を捨てて勝利を陰ながら支えた立役者である連合軍の武士です。

名前だけ聞くと「そんな名前の人、実在したの?」と疑問に持たれる方も多いでしょう。実際、名前が名前なだけに『ドラえもん』にでも登場しそうな架空のキャラクターという印象を受けかねませんね。

鳥居強右衛門はれっきとした実在の人物で、その戦いぶりと散り際は敵味方を問わず感銘を与えました。もしも彼がいなければ、長篠城前の設楽原に信長が布陣することは叶わず、歴史に残る大勝利はなかったかもしれないのです。

その活躍ぶりの割には、あまり知られていない鳥居強右衛門の大奮闘を二部構成で紹介していきます。

身分も知名度も低い足軽の鳥居

鳥居強右衛門は天文9年(1540年)、三河国宝飯郡(愛知県豊川市)に生まれたといわれ、三河の豪族だった奥平家に仕える家臣が家来として召し抱えていた下級武士でした。

強右衛門についての現存する資料は数少なく、生い立ちなどについてはほとんど知られていません。無名の足軽だった彼が歴史の表舞台に登場したのが、長篠城防衛戦の時です。

困難な重大ミッションに立候補

長篠の戦いにおける連合軍が勝利した理由は様々ですが、信長が布陣した設楽原の手前にあった、長篠城が陥落しなかったのもその一因といえます。しかし、この長篠城は家康の娘婿でもあった城主・奥平貞昌が500の兵を率いて守ったのに対し、武田勝頼が率いる武田軍の精鋭15,000に包囲されていたのです。

奥平家の奮戦もむなしく、食糧庫も火矢による攻撃で焼き討ちされてしまった長篠城は、陥落必至の状況に追い込まれていました。この窮地を救うには援軍を呼ぶほかなく、援軍要請の任務に名乗りを上げたのが鳥居でした。

重大任務に下級武士が大抜擢されたのには、身分にこだわっていられない非常事態であったことに加えて、身体能力が高く、身分の低さゆえに敵方に顔を知られていないことが考慮されたようです。

不可能を可能に。ひた走った漢。

水泳に秀でていた彼は、天正3年(1575年)5月14日の夜に城の下水口から抜け出し川を泳いで、武田軍の目を盗んで岡崎城に向かいます。首尾良く長篠城を脱出した鳥居は翌15日、烽火で自軍に脱出成功を知らせると、一路岡崎城へとひた走ります。

月岡芳年「長篠城を密かに脱出する鳥居強右衛門」

鳥居の健脚と体力は超人的なもので、その日の午後には岡崎に入城します。ちょうど到着していた信長に謁見し、計38000の援軍を長篠に出撃させるとの盟約を取りつけることに成功するのでした。

鳥居強右衛門の活躍はこれでは終わりません。この後、長篠の戦いに大きな影響を与える働きをするのです。