テレビ朝日アナウンサーの久保田直子が、自身が進行を務める今月26日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)のコーナー「ライバル各社が夢の競演!夢の自販機完成」で、マツコと有吉が完成させた自販機を公開している。

※久保田直子オフィシャルブログより

 同番組では、企業の垣根を越えた理想の自販機を作るべく、商品が入っていない自販機と、コカ・コーラをはじめサントリー、キリン、アサヒ飲料、UCC、伊藤園、大塚製薬など各社のドリンク70種類、そしておつまみが用意された。

 コカ・コーラとペプシを隣同士で並べ、有吉は思わず「世界平和みたい」と感嘆。いちばん上の段には「ポカリスエット」と「アクエリアス」、そして「生茶」、「綾鷹」、「伊右衛門」、「おーいお茶」とそうそうたるお茶メンバー(?)を並べ、最下段には各社の缶コーヒーをずらり。

 炭酸ジュースは「三ツ矢サイダー」と「キリンレモン」、エナジードリンクは「レッドブル」、「デカビタ」、「オロナミンC」、「リアルゴールド」を並べ、ビールも各社の代表各をずらり。さらにマツコはカルピスウォーター、ソーダにこだわり、ラインナップに追加。

 このラインナップをもとに、セッティングや商品をあれこれ変更し、ついに「夢の自販機」が完成。久保田はこの自販機の写真をブログで紹介しながら、「衝撃・・・ 水がない!」と、この自販機には水が入っていないことに驚きを隠せない様子も。

 なお同企画はファンからの反響も大きく、Twitter上では「自分にとっての夢の自販機。考えてみたくなるな?」「コカ・コーラとペプシが並ぶ姿。平和の象徴」「こんな自販機あったらほんと嬉しい。てか、その方が各社売れるんじゃないか?」などといった声が上がっていた。

 またひそかに話題だったのが、番組に登場していた“ゆかり”ドリンク。これは三島食品が夏季限定で販売している「赤しそ飲料ゆかり」で、ネット上では「ゆかり好きだから飲んでみたい」「マツコさんと有吉さんが飲んでたゆかりドリンクは地域限定なのかな?」といった声が上がり、こちらも話題となっていた。