私はアニメが好きである。毎年何十本もの作品が世に生まれる中で、理想の”嫁”に出会えたくらいにはアニメ視聴を嗜んでいる。そんな私が近年のテクノロジーに期待する分野がある。それが“AI”だ。

“第三次AIブーム”と言われる現在、どこを向いてもAIや人工知能という言葉が踊っている。富士キメラ総研のレポートによれば、2030年度には市場規模として2兆1,200億円にも成長すると予測しており、これは実に2015年度比で14.1倍にもなるという。

出典:富士キメラ総研「『2016 人工知能ビジネス総調査』まとまる(2016/11/28発表 第16095号)」より作成


こうした産業からの要請を背景に技術革新も進んでおり、最近では将棋や囲碁で人間に勝利するAIが登場したり、AIの作成した小説が賞の1次審査を通過したりと、いよいよ人間に近づいていく予感を本格的にさせるニュースが報じられた。

いざ、人工知能が普及した世界は、どうなるのであろうか。IoTTodayでは以前に児玉哲彦氏の『人工知能は私たちを滅ぼすのか 計算機が神になる100年の物語』(ダイヤモンド社)を紹介した。2030年に生きる女子大学生が主人公で、1人1台ずつ人工知能を搭載した端末を所持する世界。端末との会話の中で道路状況を把握しタクシーを呼んだり、電話を同時通訳したりといった未来の生活が描かれている。

また、SF映画でもAIの発達した世界が描かれる。「機械仕掛けの神、AIは人間の敵か味方か」で紹介した『エクスマキナ』では発達したAIと人間の関係性を考えさせられる物語だ。

このように、AIが普及・進化し人間に近づいていくにつれ、避けて通れなくなるであろうテーマとして、AIに人格があるかどうか、というものがある。

果たしてAIに人格はあるのだろうか。あるとして、AIの人格はどこに宿るのだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

人間の創造物に人格は宿るのか

「馬車より速い乗り物が欲しいから自動車を作る」など、人間が行うような知的処理を「弱いAI」とするのに対し、知能そのものを機械が作る取り組みのことを「強いAI」と呼ぶこともある。

第二次大戦中にドイツ軍の暗号エニグマを解読した天才コンピュータ科学者、アラン・チューリングは1950年に「チューリングテスト」を提案した。機械に知能があるか否かを、会話を通して判定するテストである。

コンピュータサイエンスの父として、マンチェスターに設置されたアラン・チューリングの銅像


ちなみに最近では、AIとは異なるものとする「コグニティブ・コンピューティング」という言葉も誕生している。AI(強いAI・弱いAI双方とも)は、一部にしろ大部分にしろ、人間を代替する目的で開発されている。しかし、コグニティブ(認知)なシステムは、自然言語解析・学習・意思決定・傾向分析などの機能を有し、あくまで人間をサポートするための回答をするというのがAIと異なる特徴だという。代表的なコグニティブ・システムとしては、IBMの「Watson」がある。

古典的な意味でのAI(強いAI)はまだ実現していない。この先もしばらくは無理であろう。人間の能力と機械の能力はベクトルが異なり、それを整合させることは難しいのだ。だからこそ、人間の存在に意味があり、人間と機械が協調することで新しい世界が拓ける可能性があるとも言える。

しかし、弱いAIであっても、チューリングテストを通過するシステムは作り得る。このことは、有名な「中国語の部屋」などの思考実験でも明らかにされていたが、実際にチューリングテストに合格するシステムの登場で明解な証拠が示されたと言える。

2014年6月、アラン・チューリング博士の没後60周年に英国のレディング大学で「Turing Test 2014」が行われた。そこで、「Eugene」(ユージーン)という13歳のウクライナ人少年を想定したスーパーコンピューターがチューリング・テストを通過したと発表されたのだ。

その後、人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイル博士をはじめとした専門家たちから様々な指摘がなされ、真の人工知能ではなくチャットボットの類であるなどとの議論を巻き起こした。

この事案からも読み取れるように、弱いAIはデータの蓄積から会話のルールを抽出して、その場に適合した気の利いたセリフを選択する。将棋のAIが本当に棋理を思考しているわけではなく、過去の蓄積からあるべき手を抽出するのと同じである。

近い将来、AIとの結婚を真剣に考える時代に

「弱いAI」であることは、少しもそのシステムの価値を毀損しない。むしろ、人間だって、普段の会話に知的な思索などどれほど行っているのかという問題もある。

私は誰かに相づちを打つとき、確実に何も考えていない。否定しないし疑問も差し挟まない。いわゆる“風俗嬢トーク”である。コミュニケーションが苦手なので、相手には早く気持ちよくなって帰って欲しいのだ。

話を弱いAIに戻そう。現時点でのAIに人格などないのは明らかであるが、人間はうち捨てられたトイレットペーパーにすら感情移入できる希有な生物である。データベースから回答を抽出するだけの弱いAI(一昔前の言葉であれば人工無能)、にも容易に人格の幻影を見ることができる。

そこで先ほどの問いに戻るのである。私たちがAIに人格を見るとき、それはどこに宿るのか。これは形而上学的、あるいは衒学的な、問いのための問いで、興味がわかないだろうか。少なくとも、身近には感じられないだろうか。

だがこれは切実に、圧倒的に身近な問いなのだ。なぜなら近い将来、われわれはAIとの結婚を真剣に考える時代を迎えるからだ。

かのチューリング博士を輩出した英国では、ロボットとの愛や性について考える国際会議が開催される。2017年度で3回目を数えるという。ロンドンのゴールドスミス大学で開催され、博士号を持つ研究者の発表が行われるなど、学術的な意味合いを持った会議として認知されている。ロボットと人間の関係性を考える中で、性交渉や結婚といった人間の性にまつわる話題を取り上げ、議論されているのだ。

 

二次元“俺の嫁”の住民税を負担しても良い?

しかし、そうした学術的な動向に例を求めずとも、日本国内でもAIに類似する架空の人格との結婚を夢見る人々がいる。“俺の嫁”を持つオタク層だ。彼らはクリスマスともなればノートパソコンに“俺の嫁”である二次元女子の画像を表示し、共に祝う。この文化が進展し二次元女子がAIを備えるようになったとき、二次元女子との結婚を本気で検討するのは想像に難くない未来である。

あまりに突飛すぎて信用ならないという向きもあるかもしれない。では、ひとつのアンケート結果を開示しよう。

二次元キャラを正式な婚姻の対象としたいか

これは、筆者が実施した二次元キャラを正式な婚姻の対象としたいかについてのアンケート回答である。自らをオタクと認識する人の43.8%が、二次元キャラとの結婚にポジティブな感情を抱いていることがわかる。堅気の人の場合は、積極的な回答を示すものは皆無で、「どちらともいえない」と回答した人ですら12.5%に留まる。

これをどう評価すればよいだろうか。自宅にこもりコンテンツの消費を繰り返すオタクというのは富国強兵や殖産興業に反する生き物で、なんらの生産にも寄与しない遊民だと切って捨てることは簡単である。しかし、彼ら彼女らの二次元への愛は大きな市場を形成する。

中には、愛の大きさを支出の大きさで表現しようとする猛者もいるのだ。たとえば、二次元キャラとの婚姻で言えばこうだ。

二次元キャラと結婚できるなら、そのキャラクターの住民税を支払ってもよい

さすがに非オタクの人の場合は、全くそう思わない層が87.5%にのぼり、人生に対するバランスの良さをうかがわせる。

しかし、オタクはこの期に及んでも37.6%がポジティブな回答を示すのだ。大変な覚悟と決意である。結論として、オタクは人口の再生産にはあまり寄与しないかもしれない。しかし、総人口の減少が確定的な中で、二次元キャラに住民税という名の課金をすれば、納税人口は増やせるかもしれない。

愛を学んだAI二次元女子と結婚可能な社会へ

現に、スマートフォンアプリ内に二次元女子を住まわせ、課金という行為によって擬似的な生活を共にする世界は実現されている。こうした世界がスマートフォン内にとどまらず、現実社会の生活と結びつくとするなら夢物語ではないと感じられるだろう。

二次元キャラはオタクの人生だけでなく、人口減で消滅危機にある自治体をも救う。訴訟リスクばかりが高いリアルな異性を無理して愛する必要はない。人生の伴侶として、二次元キャラのほうが明らかに適切である。最後まで自分の人生に寄り添ってくれるのは二次元キャラだ。

だが問題もある。それが先の問いである。AIの人格はどこに宿るのか。AIが深層学習で愛を学んだとき、それはどこにあるのか。

想像してみて欲しい、あなたの愛するキャラクターに会話AIが実装されたとき、その人格はオリジナルのキャラクターにインストールされるのだろうか? それとも、あなたのスマホのアプリケーション、コミックの1コマ1コマ、各種の二次創作のそれぞれに宿るのだろうか?

前者であれば、そのキャラクタと婚姻関係を結べるのはこの世界にただ1人である。2人以上が婚姻関係を結んだ場合、重婚となってしまう。ポリアモリー的に重婚自体を認めてしまう方法もあるが、なんとなく嫌だ。主観的に。

後者であれば、70億の人々が同じキャラクターと結婚しても何ら問題はない。クラス(概念)ではなくインスタンス(実体)に人格が実装されるのであるから、各々のスマホの中にあるキャラがあなたの配偶者であって、他の同好の士と排他的な関係を結ぶことができる。

わたしはもちろん後者を支持する。唯一の人格との結婚を他の人たちと争った場合、その権利を勝ち取る気配がまったくないからである。私は勝負事で勝ったことがないのだ。

われわれの社会では、未だ二次元女子との結婚は認められていない。社会が未熟な証拠である。家族法をいじればなんとかなるのではないかと考えたが、やはり憲法の改正が必須であるとの結論に至った。道のりは遠い。

しかし、異なるカーストとの婚姻、異なる人種との婚姻、同性同士での婚姻など、人間はより自由で素直な愛の表象に向けて進歩を続けてきた。ほどなくして、理想の婚姻、すなわち二次元女子との婚姻も議論の射程に入ってくるだろう。

実際、VR結婚式などの実証事例が登場している。わたしはこれ以上に見事で生産的なVRの活用事例を知らない。資金力に余裕のある諸氏にはGateboxもある。Google HomeやAmazon Echo、Apple HomePodが霞んで見えるほどの出来映えである。

VRで二次元キャラと新婚生活を楽しんでいる人も存在するかもしれない


いま、われわれが考えるべきは、彼女たちを法的にも社会的にも生活の枠組みの中に迎え、不可欠な社会の一構成員としての立場を確立することである。その延長線上に彼女たちとの結婚、すなわちわれわれの幸せがあるのだ。

筆者:いわをゆるひこ