「闇金ドッグス6」ポスタービジュアル (C)2017「闇金ドッグス6&7」製作委員会

写真拡大

 闇金融をテーマにした人気シリーズ第6作「闇金ドッグス6」のポスタービジュアルや場面写真、予告編が、このほど一挙に公開された。第1、2、4作目に続き主演を務めた山田裕貴扮する「ラストファイナンス」社長・安藤忠臣、第3、5作で物語をけん引した共演の青木玄徳が演じる元イケメンホストの同社社員・須藤司のほか、“最恐のバディ”の運命を揺るがす「最愛の女」「闇物件を売る男」「悪徳金融」ら個性派ぞろいの登場人物が確認できる。

 ヤンキー映画「ガチバン」シリーズから派生した「闇金ドッグス」。2015〜17年1月にかけて5作が製作・公開され、闇金業者「ラストファイナンス」社長・忠臣と、同社員の元ホスト・司の活動を通じ、堕落する人間たちを容赦なく描いてきた。第6作では、忠臣が一筋縄ではいかない恋に落ちる様子を描く。あくどい手法で債務者を追い込む忠臣が10年以上前に別れた元恋人・未奈美(西原亜希)と再会。未奈美は伊良部慎太郎と結婚したが、夫はラストファイナンスの借金を抱え失踪したため、手がかりである忠臣を訪れていた。

 お披露目されたポスタービジュアルは、夜景をバックにスーツ姿の忠臣と赤いドレスを着た妖艶な未奈美の姿を活写。また役に扮した司役の青木、物語のキーパーン・伊良部役の長谷川忍(シソンヌ)、山本竜二&堀部圭亮らが扮する危険な香りをまとった男たちのビジュアルがズラリと並び、「愛(かこ)を殺すのに、銭(ぜに)は要らない」という物語のテーマを反映したキャッチコピーが添えられている。

 場面写真と予告編では、背中一面にすさまじい形相の“阿修羅”の刺青を入れた忠臣の姿が衝撃的だ。そして、映像の中盤では司が忠臣に対して「闇金やってて、幸せっすか?」と問いかける意味深な光景が流れるほか、「たった一度の恋」「追憶」「運命」「情動」というテロップとともに、登場人物たちが叫び、苦悩する光景が連続する。

 「闇金ドッグス6」は8月5日、続編の「闇金ドッグス7」は9月2日に公開。