石橋貴明と鈴木保奈美の長女が芸能界入りを希望?

写真拡大

 18才、16才、14才、3人の娘の母である鈴木保奈美(50才)の目下の悩みは長女の将来のことだという──。

「保奈美さんの長女が、石橋貴明さん(55才)の前妻との娘・石橋穂乃香さん(27才)に連絡を取り始めたというんです。異母姉妹とはいえ、年も離れていますし、接点もなかったはずですが…」(芸能関係者)

 石橋と保奈美が結婚したのは1998年。互いに再婚で、発表時、保奈美は妊娠3か月だった。石橋の前妻との離婚からわずか2週間後のことで、報道で事実を知った前妻は寝耳に水。彼女は当時の週刊誌のインタビューに《母としての立場で腹が立ちます》と怒りを表した。当時9才だった前妻の娘・穂乃香も複雑な思いを抱いた。

「再婚を知った直後は“パパには会わない”と泣き叫ぶほどショックを受けていましたが、穂乃香さんは今でもファザコンを自称するほどのパパっこ。石橋さんとは、その後も年に数回は一緒に食事をして交流を続けていましたが、保奈美さんたちとは接点はありませんでした」(テレビ局関係者)

 2008年、19才の時に穂乃香は、父の後を追うように芸能界へ。現在もオスカー女優という夢のため、舞台や映画に足を運び、下積みを続ける。

「石橋さんからの援助は一切ありません。生活のため、今は舞台の裏方の仕事をしながら都内の会員制スナックでアルバイトをしているそうです。著名人の多い有名店ですが、彼女はのびのびと働いていますよ。一時は“父親の七光り”という言葉に敏感になり、ストレスで舞台を降板したこともありましたが、今は“全てを受け入れて素の石橋穂乃香として勝負する”と前向きに活動しています」(穂乃香の知人)

 一方、保奈美の長女は6月に13年間通ったインターナショナルスクールを卒業した。

「母親譲りのスタイルの良さを生かし、学生時代からアパレルブランドのモデルを務めていました。今後は海外留学を考えているそうです」(石橋家の知人)

 接点も交流もなかったはずの“姉妹”――この2人が連絡を取るようになったのはなぜか。

「保奈美さんの長女は、今芸能界へ強く興味を持っているようです。最近保奈美さんは連ドラやファッション誌、コラムの連載など仕事がますます増えています。母親の仕事ぶりを間近で見て、憧れを抱き、自分も芸能の道へと考えたようです。でも石橋さんも保奈美さんも大反対。芸能界から遠ざけたいというのもインターナショナルスクールへ通わせた一因だったほどですから。そんな中、すでに芸能活動を始めている穂乃香さんを頼り、インスタグラム内のメッセージで相談するようになったそうです」(前出・石橋家の知人)

 まだ顔を合わせたことはないという2人だが、お互いのインスタグラムをフォローし、“いいね”を送り合っている。

「穂乃香さんは “親が有名人だとしても生半可な気持ちでは通用しないよ”とアドバイスしたそうです。穂乃香さんも最初は突然のアプローチに驚いていたようですが、“仲よくしてるんだ”と聞くと“妹だからね”と笑っていました」(前出・穂乃香の知人)

 2人が一緒に舞台に立つ日も──。

※女性セブン2017年8月10日号