料理研究家の森崎友紀(37)がお弁当を持って向かったのは、夫の仕事場だった。この夫、またすぐにここから「地球の裏側」へと出かけてしまう。彼こそは、いま注目のバラエティ番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)の名物ディレクター「ナスD」こと友寄隆英氏(42)である。

 コスプレ姿のトレカを発表したこともある“美しすぎる料理研究家”森崎が2016年1月に結婚を発表した「仕事を通じて出会った一般男性」とはナスDのことだ。

 番組の総責任者であるゼネラルプロデューサーの立場にありながら、アマゾンの奥地で自らレポートするその様子はまさに破天荒。捕れたばかりの生魚から巨大カタツムリ(これも生!)まで、平気な顔で胃袋に収める。

 現地の住人にさえ苦笑いされる始末だ。ついには、ある果実の汁が美容にいいと聞くや全身に塗りたくると、青黒く染まり落ちなくなってしまった。じつは入れ墨に使われる強力な染料だったのだ。

 いうまでもなくこれがナスDの名の由来だが、ナス色の顔で「どうやって生きていこう……」と言いながらも、番組のためにそれをネタにする姿は、さすが数々の人気番組を手がけてきた生粋のクリエイターである。

「これまで『いきなり! 黄金伝説。』や『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』などテレ朝の看板バラエティ番組を担当。最初は制作会社勤務を経て、フリーのディレクターとして『黄金伝説』に参加していた。すぐに実力が認められ、参加からわずか1カ月で正社員としてテレ朝に中途入社した」(テレ朝局員)

 奇才・ナスDを知る関係者は、その仕事ぶりに舌を巻く。

「イギリスの元軍人で冒険家のベア・グリルスに憧れており、究極のサバイバルを描きたいと言っていた。超人的な集中力で知られていて、数週間まともな食事をせず編集所から一歩も出ない生活を平気でする」

 まさにサバイバルなナスDの前に現われたのが森崎だ。出会いは2012年の春の『黄金伝説』だった。ほどなくして森崎が妊娠し、その年の12月に婚姻届を提出。翌2016年6月に長女が誕生した。現在、一家は都内の一軒家で暮らすが、前述のとおり、ナスDは編集所にこもりっきり。遠く海外へ出張しては、帰国後その素材の編集に没頭する毎日だ。

 かつて好きな男性のタイプを「好き嫌いなく食べる人」と語っていた森崎。好き嫌いがなさすぎるのはちょっと心配だが、伝説へ向かう夫を地球の裏側から支え続ける。
(週刊FLASH 2017年8月8日号)