注目される新大関・高安。芸能界屈指の好角家、ナイツ塙宣之さんが意外な交友を明かす。

「田子ノ浦部屋の行司さんを通じて知り合ったのが5年ほど前。それからよく一緒に食事をするようになったんです。もともとチャラチャラしてるキャラではなかったんですけど、最近はぐっと貫禄が出てきましたね。

 大食漢といわれてますけど、私と一緒にいるときはそんなに食べないですよ。あれ、遠慮してんのかな? 

 高安はコーラを飲まないんですよね。子供のころお母さんに『骨が溶ける』って言われませんでしたか? 高安もそう言われて、今でも気にしてるみたいなんです。そういえばビールもあんまり飲まない。炭酸を飲まないようにしてるのかも。オレンジジュースは『体によさそう』って飲んでますけど、けっこう糖分あると思うんだけどな……。

 意外と繊細なんですよ。全然豪快じゃないですから。でもね、取材で高安関のことをしゃべるでしょ。一緒に飲みに行くのもそのためなんじゃないか、なんて思われてるかも……とか考えちゃって、最近はいろいろ聞きづらくなっちゃったなあ」

 五月場所、昇進を決定的にした日馬富士戦を目の前で観たという。

「その前日、『二桁勝利おめでとう』とメールしたんです。すぐに返事が来て、『明日は堂々とやります』と。本人も横綱戦が大事だってわかってたんだね。やっぱり横綱に勝たないと昇進はわからないって。

 当日、升席で観ていたんですが、取組が終わったときに高安と目が合ったんですよ。そしたら『やったよ』って、俺に向かってガッツポーズですよ! え、そんなことしてない? いやいや、自分はそう見えたんだけどなあ(笑)。でも、高安もかなり興奮してたのは確かですよ」
(週刊FLASH 2017年7月28日号)