「クリミナルマインド」イ・ジュンギ、ムン・チェウォンから志願書を受け取る

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
tvNドラマ「クリミナル・マインド」でイ・ジュンギがプロファイラーとなることを決心した。

昨日(27日) 韓国で放送された「クリミナル・マインド」では、国家犯罪情報局の犯罪行動分析チームNCI(以下NCI) と、警察キム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ) が連続殺人犯である、アン・サンチョル(キム・イングォン) を逮捕する姿が描かれた。

事件が解決した後、カン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ) チーム長はNCIチームのプロファイラーとして、ヒョンジュンを推薦した。ハ・ソヌ(ムン・チェウォン) はヒョンジュンの元を訪ね、NCIチームの推薦書と志願書を渡しながら「私たちと一緒に仕事をする考えはある?」と尋ねた。ヒョンジュンは変わらず「関心はない」と答えた。

過去に警察特攻隊の爆発物処理班だったヒョンジュンは、NCIチームのカン・ギヒョンチーム長の捜査指揮のもと、爆発物を除去中に同僚のチェ・サンヒョン(ソンチャン) を失った。ヒョンジュンはサンヒョンのお墓参りに行った際、真実を知る。実はカン・ギヒョンチーム長ではなく、他の上司の間違った判断のせいで爆発物が爆発してしまったということを。

ヒョンジュンはNCIチームに入ることを決心し、ソヌからもらった志願書を作成した。