「青春時代2」KARA出身スンヨン “ルームメイトたちとまた出会えて嬉しい”

写真拡大

JTBCドラマ「青春時代」シーズン2に出演するKARA出身のスンヨンが、「ルームメイトたちとまた出会えて嬉しい」と話した。

1年前ピンクを愛したベル・エポック(シェアハウス名) のラブリー担当チョン・イェウン。しかし彼氏のコ・ドゥヨン(チ・イルジュ) のデート暴力により傷を負った。彼女は「青春時代2」(脚本:パク・ヨンソン、演出:イ・テゴン) では、トラウマによりすべての事に用心深く混乱する姿に変わってしまう。一緒にいる人や空間によってさまざまな変化を見せるイェウンの不安な心理が繊細に描かれる予定だ。

スンヨンは、「大きな事件を経験した後1年間休学したが、平凡だった日常がコントロールが可能か、可能でない状況か分けるようになり、状況によって心理状態も変わるようになった」とイェウンの状態について話した。また、「ベル・エポックにいる時はさほど変わった様子は感じられないが、外に出れば臆病になり、男性はもちろん人自体を怖がる傾向になりやすくなった」と説明した。

おかげで混乱すること自体がイェウンの新たなキャラクターとなったというスンヨンは、「1年前のイェウンは100%自信にあふれていて、好き嫌いをはっきりと表現した。しかし今はベル・エポックでルームメイト達といる時と一緒にいない時、外出した時も一人なのか、あるいは誰といるかによってそれぞれ違う心理状態を見せる。周りに対する不確実性のせいで、家の中でさえ言葉数が少なくなった」と言い、1年前と現在を比較した。スンヨンがイェウンの異なる心理を学ぶ理由でもあった。

また辛い時間を送っているイェウンに、「他人と違う経験をしたからと言って萎縮しないでほしい。思ったより世界にはいい人がたくさんいるのに、偶然事故のようにドゥヨンに出会ってしまっただけだ」と話し、「よりよい世界というものはもう少し考えて、助けたいと思っている人々のために、元気を出して欲しい」と心から応援し、キャラクターに対する深い愛情を見せた。

最後にスンヨンは「青春時代2」の鑑賞ポイントとして「チョ・ウン(チェ・アラ) とイワシの群れ」だと話した。現場でイ・テゴン監督が“背の高い子”チョ・ウンと相対的に背の低い4人のルームメイト達が、イワシの群れのようにぞろぞろと一緒に戯れるようだとして付けたニックネームだという。

また「やはり『青春時代』で共に呼吸を合わせたからか、皆自然に当時にリセットしたかのようだ。ルームメイト同士、コントをしているかのような面白い姿をたくさんご覧いただけるだろう」と耳打ちして、期待感を高めた。

「青春時代2」は「品位のある彼女」の後続として、韓国で8月25日午後11時に初放送される。