「郷に入っては郷に従え」ということわざが示しているように、生活する場所の習慣を学び、自分を習慣に合わせていくことは、その土地に早く慣れるうえで重要なことだ。中国人は良く日本人について「とても礼儀正しい」と表現するが、中国人が日本で生活するうえではどのような習慣を学ぶ必要があるのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 「郷に入っては郷に従え」ということわざが示しているように、生活する場所の習慣を学び、自分を習慣に合わせていくことは、その土地に早く慣れるうえで重要なことだ。中国人は良く日本人について「とても礼儀正しい」と表現するが、中国人が日本で生活するうえではどのような習慣を学ぶ必要があるのだろうか。
 
 中国メディアの捜狐はこのほど、「どの国の人であっても日本のルールや習慣を理解する必要がある」と論じる記事を掲載し、中国人が従うべき日本の生活習慣やルールについて紹介している。
 
 記事はまず、「食事の際のルール」について紹介。日本も中国もどちらも箸を使って食事する文化だが、「日本は箸を食器の手前に横にして置くが、中国では食器の横に縦に置く」ことを紹介。さらに、「和食の場合はご飯茶碗や汁物、おかずがそれぞれの器に分けられているが、ご飯の上におかずを乗せて食べるのはマナー違反」となることを紹介した。
 
 確かに日本と中国は食事をめぐるマナーや習慣は大きく異なる。中国では客人として食事に招かれた際、すべて食べることは「供された料理が足りない」ことを意味するため、「十分に満足した」ことを示すために若干でも料理を残すのがマナーとされる。
 
 また記事は、「服装や身なりのルール」について、「日本では場所に応じてふさわしい服を着る決まりがある」と紹介。これも中国ではあまり意識されない点であり、中国でも結婚式などは正装するのがマナーだが、日常生活においては日本のようにTPOが強く意識されることはない。そのほか、日本では玄関で靴を脱ぐ必要があり、それもただ脱げば良いのではなく、脱いだ後に玄関の方につま先を向けて揃えるのが決まりであると指摘した。中国では家の中でも靴を脱がない人は少なからず存在するため、靴に関するマナーは難しいかもしれない。
 
 中国での生活にも当然、独特の習慣やルールがあるが、大陸気質でおおらかな性格の人が多いからか、そのルールから逸脱していてもあまり気にする人はいないように見受けられる。昨今、日本を訪れる中国人が増えているが、旅行ではなかなか気が付かないことも実際に生活してみると見えてくるものだ。もし、中国人が日本で生活することになった場合、日本の文化やルール、習慣に慣れるまでにはかなりの時間が必要かもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)