画像提供:マイナビニュース

写真拡大

電源は入らないのに、なぜか捨てられない。昔使っていた携帯に残る、懐かしい写真たちが蘇るかもしれない。KDDIは8月以降、過去に使用していた携帯電話を充電・再起動し、思い出の写真をプリントする無料イベント「おもいでケータイ再起動」を、全国のKDDI直営店で順次開催する。

第1回は、愛知県・名古屋のau NAGOYAにて。期間は8月18日から8月20日まで、各日12時30分から18時にかけて開催する。申し込み必須ではないが、事前に申し込んだユーザーには「モバイル扇風機」をプレゼントし、優先的に案内を行う。事前申込期間は7月27日から8月13日まで。

本イベントでは、au以外の携帯電話(NTTドコモ、ソフトバンク)も対象機種に含まれていれば、復活させることができる。KDDI直営店に、電池ごとに最適な充電を行う専用機器「バッテリーテスター」を設置し、充電不可となった携帯電話を充電・再起動させる。再起動した携帯電話に保存されている写真をプリントし、専用フォトフレームに入れて贈呈する。

KDDIがデジタル情報マガジン「TIME&SPACE」の読者500人を対象に、「おもいでケータイ 携帯電話に関するアンケート」を実施した結果、90%の人が「昔使っていた携帯電話をまだ持っている」と回答。まだ持っている理由として最も回答が多かったのは、「写真やメールが残っているから」(43%)だった。また、昔使っていた携帯の電源がまだ入ると答えたのは43%、入らないと答えた人は31%と、電源が入らないがまだ持っている人もいた。

電源は入らないが、なんとなく昔の携帯を持っている人にとって、今回のイベントは朗報かもしれない。なお、各直営店に行くことが難しい人のために、auスタッフがバッテリーテスターを持って自宅に訪問する「かけつけ対応」も行う。同サービスは、事前の申し込みが必須。申し込み期間は8月13日までで、サービスを提供するユーザーは抽選のうえ決定される。