ジェイソン・ステイサム【写真:Getty Images】

写真拡大

「エクルペンダブルズ」等出演、ジェイソン・ステイサムは五輪候補生だった!?

 どんなアスリートも挫折を乗り越えて成長する。しかし、どんな才能の持ち主でもオリンピックの晴れ舞台に立てるのは、ひと握りの選ばれた存在だ。夢破れたオリンピックのスター候補生の中には、ハリウッドスターに成り上がったという極めて珍しい例も存在する。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

「自分がオリンピックに一度も出ることができなかったと考えることは本当に苦痛なんだよ」

 こう語ったのは筋骨隆々のハリウッドスター、ジェイソン・ステイサムだった。人気映画シリーズ「エクスペンダブルズ」や「ワイルド・スピード」で超絶アクションを披露する50歳のイギリス人俳優には意外な過去があった。

 ステイサムは水泳の飛び込みでイングランド代表の一員として1990年のコモンウェルス大会(ニュージーランド)では3種目に出場。当時、まだ髪の毛の黒々とした若き日のステイサムは、3メートルの飛び板飛び込みで4回転半のサマーソルトなどの技を成功させていた。

 ロンドンの国立クリスタル・パレススポーツセンターで飛び込みの技術を学んでいる際、モデル事務所にスカウトされ、俳優人生を歩み始めた。

 アクションスターになる代償として、飛び込みのキャリアを諦めることになったステイサムだが、五輪の舞台を逃したことは人生の悔いとして残っているようだ。