リバプール、エース流出阻止へ抗戦 バルサが狙うコウチーニョの移籍金196億円に設定

写真拡大

ネイマールにPSG移籍が浮上するなか、代役候補に挙がるリバプール10番

 リバプールがエース引き止めに本腰を入れている。

 バルセロナが獲得を狙うブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに1億5000万ユーロ(約196億円)という値札を付けて決死の抵抗に出ているという。スペイン紙「スポルト」が報じた。

 バルセロナはブラジル代表FWネイマールにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性が浮上している。その代役候補としてコウチーニョの名前が取り沙汰されていた。

 しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督はチームの背番号10の放出を頑として拒んでいる。さらに高額な移籍金を設定し、徹底抗戦も考えているようだ。

 記事によれば8000万ユーロ(約104億円)以上の移籍金を支払うつもりはないというバルセロナの意向に対して、リバプール側はコウチーニョの移籍金を1億5000万ユーロに設定。バルセロナの許容範囲を大きく超えるだけに、移籍話はこのまま消滅する可能性もあるという。

 ネイマールの後継者との見方もされているコウチーニョだが、金銭面の大きな問題が残っており、移籍に向けて高いハードルとなりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images