Photo by cinemacafe.net

写真拡大

国立新美術館と森美術館にて10月23日(月)まで開催中の東南アジア現代美術展「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」の関連企画として、8月10日(木)から4日間ジャンル別に、東南アジア映画を特集上映する「FUN!FUN!ASIAN CINEMA@サンシャワー」が実施される。
国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターが主催する同展覧会では、今年ASEAN(東南アジア諸国連合)50周年を記念し、東南アジアの現代美術を史上最大規模で展示。時代の潮流と変動を背景とした1980年代以降の東南アジアの現代アートの「発展」を9つの視点から掘り下げ、そのアートが持つダイナミズムと多様性を紹介している。

同展の関連企画として実施される本イベントでは「ドキュメンタリーの日」、「アクションの日」、「オムニバスの日」、「愛&友情の日」とジャンル別に違ったテーマで全4日間、映画が上映される。

8月10日(木)実施の「ドキュメンタリーの日」では、2つのプロジェクトから作品を上映する。1つは、毎年異なるテーマで日本と東南アジアの若手映像作家を対象に短編ドキュメンタリー作品を募集する「Visual Documentary Project」から、2015年(テーマ「越境する東南アジア」)と2016年(テーマ「日常生活のポリティクス」)にセレクトされた作品を上映。映像を通して東南アジアの現状を捉え、諸問題の解決へとつなげたいという想いが込められている。

もう1つは、ドキュメンタリーの国際共同制作を支援する「Tokyo Docs」で誕生したプロジェクト「Colors of Asia」から「アジアのいまを生きる女性たち」をテーマにした2作品を上映。

■「Visual Documentary Project」2015セレクション<12:10開場/12:30開映>
・『2人のマイケル』(タイ、29分)・『ジウおじいちゃんへ捧ぐ』(ベトナム、23分)・『儚さ』(マレーシア、9分)・『私の足』(ミャンマー、16分)『我が政治人生』(ミャンマー、20分)
■「Visual Documentary Project」2016セレクション<14:20開場/14:40開映>
・『森に生きる女たち』(マレーシア、15分)・『60日』(ミャンマー、31分)・『鉱脈』(ミャンマー、31分)
■Tokyo Docs「Colors of Asia」<16:10開場/16:30開映>
・『日曜日のシンデレラ』(2015,日本、フィリピン,29分)・『ラグビーと女のわたし』(2016,日本、ラオス,25分)

8月11日(金・祝)実施の「アクションの日」ではベトナム、インドネシア、ブルネイの3作品『超人X.』(2014,ベトナム,81分)、『レボリューション・ティガ』(2015,インドネシア,125分)、『ドラゴン・ガール』(2014,ブルネイ,110分)を上映。映像を通して各国の伝統武術を取り入れたものや、社会や文化を垣間見ることが出来る。

■『超人X.』<12:40開場/13:00開映>
■『レボリューション・ティガ』<14:30開場/14:50開映>
■『ドラゴン・ガール』<17:100開場/17:30開映>

8月12日(土)実施の「オムニバスの日」ではシンガポールの監督7人がラブレターをテーマに制作した『セブンレターズ』(2015,シンガポール、マレーシア,116分)、東南アジアの画家が描いた作品からインスピレーションを得た5人の監督による『Art Through Our Eyes』(2016,シンガポール,30分)、「アジアでともに生きる」というテーマでフィリピン、日本、カンボジアの気鋭監督がメガホンをとった『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』(2016,日本,118分)を上映。特に『Art Through Our Eyes』は、「サンシャワー展」でも注目のタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督、フィリピンのブリランテ・メンドーサ監督らの独特の世界観が並ぶ珠玉の作品だ。

■『セブンレターズ』<12:40開場/13:00開映>
■『Art Through Our Eyes』<15:10開場/15:30開映>
■『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』<17:10開場/17:30開映>

8月13日(日)実施の「愛&友情の日」では、愛と友情をテーマにした『SHIFT〜恋よりも強いミカタ』(2013,フィリピン,81分)『グッバイ・ボーイズ』(2005,マレーシア,88分)『イロイロ ぬくもりの記憶』(2013,シンガポール,99分)の3作品を上映。

■『SHIFT〜恋よりも強いミカタ』<11:40開場/12:00開映>
■『グッバイ・ボーイズ』<13:30開場/13:50開映>
■『イロイロ ぬくもりの記憶』<15:30開場/15:50開映>

また、本イベントのほかにも、東南アジアの歴史やファッション、食など8テーマから成るレクチャーシリーズ「寺子屋サンシャワー」、日本と東南アジアの若手上映専門家の共同プログラミングによる映画上映会「ワーキングタイトル」など、9月にかけてイベントが目白押し。こちらも併せてチェックしてみて。

「FUN!FUN!ASIAN CINEMA@サンシャワー」は8月10日(金)〜13日(日)、国立新美術館3階講堂にて開催、参加費は無料。



※定員は各回260名。(予約不要、各回入替制・先着順)
※鑑賞には「サンシャワー展」の国立新美術館単館券もしくは二館共通券[半券可]が必要。
※作品の解説・あらすじは国際交流基金アジアセンター公式サイトをチェック。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
フィリピン映画が注目度上昇中!“第3黄金期”の最先鋭監督とは?
【予告編】香港、返還20年目に問う10年後の未来…新世代監督が紡ぐ『十年』
無国籍となった“おばあ”のアイデンティティーを巡る『海の彼方』8月公開へ
渋谷・新宿「HangOut HangOver」にて、期間限定「アボカドフェア」実施中!
【映画ではじめるデートプラン 第49回】『心が叫びたがってるんだ。』×ラグジュアリーホテルで涼デート in 六本木