子どもは純粋であり、無邪気である。

家族に贈り物をしようという時も、決してウケようとか、笑わそうという意図はなく、ただひたすらに、相手が喜んでくれることだけを願ってプレゼントするのだ。

だからこそ大人にはたまらない。中には思わず吹き出してしまうような贈り物も。

例えば…

子どもはシールが大好きだ。パパにカードを書く時も「何かシールを貼りたい」と、この子は思ったに違いない。

だから、これを貼ったのだ▼

川?池?のつもりだろうか、女性用のナプキンが…。

一方、この子もおじいちゃんが元気でいてくれることが嬉しかっただけなのだ。

ただ言い方を間違えただけ▼

おじいちゃんが死んでなくて嬉しい。

ItsIronyBitch/reddit

子どもにはその気はないが、大人には大ウケのプレゼントを他にもご紹介しよう。

姉の好きなものだけを詰め込んだプレゼント▼

jedrawings/Imgur

妹に好きなものを聞かれ、「ヒゲとギターとナマケモノ」と答えたらこうなった。

母の日のプレゼント▼

freegiant/Imgur

枝だけかい!でも手抜きではない…はず。

子どもはシビアである▼

人生はウォータースライダーみたいなもの。出口は「死」。パパは今この辺かな。

Brian Sack‏@brian_sack/ Twitter

子どもは当たり前のことを当たり前のように言う▼

あなたは僕のお母さん。だって僕はあなたの子どもだから。

Fakediertybyrd/reddit

綺麗なお花をいただいた▼

MrWrigleyField/reddit

これ、パンツですけど…。

そして子どもはどこまでも素直▼

ママご飯を作ってくれてありがとう。おかげで死なずにいます。

bobrien2655/reddit