『遺留捜査』糸村&村木の掛け合いが「熟年夫婦」と話題

写真拡大

上川隆也が主演する刑事ドラマ『遺留捜査』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00〜)の第4シーズンが現在放送されているが、上川演じる糸村聡のキャラクターがブレずに変わらない中、同じく視聴者がこの作品でブレずに楽しみにしているのが、甲本雅裕演じる科学捜査研究所係官の村木繁と糸村の“絶妙なやり取り”だ。

京都を新たな舞台にした今シーズンも健在で、7月27日に放送された第3話でも、この2人のやりとりに「熟年夫婦みたい」「糸村・村木コンビの漫才……もとい、掛け合いがあって良きかな」「上川さんと甲本さんが大好き。ふたりのやりとりで1話分あればいいのに」などのコメントがインターネット上にあがっている。

この作品は、風変わりな刑事・糸村が、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁していく人気シリーズ。2011年4月クールの水曜21時枠に颯爽と登場し、最高視聴率17.0%を記録。その後、視聴者からの熱い要望に応え、東京の月島を舞台に第2シーズンを木曜ドラマ枠(木曜21時、2012年7月クール)で最高視聴率13.7%。続く、第3シーズンは再び水曜21時枠(2013年4月クール)で放送され、最高視聴率14.6%をマークしている。その後は、スペシャルドラマとして日曜エンタ枠(日曜21時)で3作、土曜21時枠で1作が放送され、毎回、反響を巻き起こしてきた(※いずれも関東地区 ビデオリサーチ調べ)。

そして、この7月からは、『科捜研の女』『京都地検の女』など、人気シリーズを数多く輩出している木曜ミステリー枠(木曜20時)に満を持して登場しており、これでテレビ朝日の“ゴールデンタイム”のドラマ枠全てに登場したことになる。

この第4シーズンは京都が舞台。歴史と文化が息づく古都で、糸村の新たな活躍が始まっている。糸村が着任したのは、強行犯捜査を担う京都府警捜査一課の中にあって、特殊な事情のある案件に優先的に投入されるチーム“特別捜査対策室”、通称“特対”。世間の耳目を集めるような派手な事件から、高度な情報管理が義務づけられる隠密捜査、他府県との合同捜査などを担当する、プロフェッショナル集団で、難事件を鮮やかに処理することから“火消し”ともよばれている部署で、ここでもマイペースな糸村は健在だ。

そして、村木を演じる甲本も、舞台を京都に移した『遺留捜査』に続投。先日、六本木のテレビ朝日本社にて行われた記者会見では、今回の出演決定をスタッフから聞いた時のようすについて、甲本は「京都には凄い“科捜研の方”(『科捜研の女』=沢口靖子)がいるじゃないですか!」とジョーク混じりに喜びつつ、「毎回、糸村さんとのシーンは変わらないものがあります。だからこそ、みなさんに新鮮に見ていただけるように、(上川さんと)毎回話をしながら楽しくやらせていただいています」と語っていた。これに対し、上川も「彼がいないことには、『遺留捜査』らしさを失ってしまいますので、本当に京都に来てくれて良かったと思っています」と、照れくさそうに話していた。

実は、会見が行われたこの日、同じくテレビ朝日内で、一般の視聴者を招待した特別先行試写会を実施。その試写会の後、上川がトークイベントを開催。その中で、ファンからの質問に答えるという企画もあり、なかでも村木とのシーンについての質問が多くあがっていた。毎回彼らのやり取りを楽しみにしているファンが多く、上川は、「断言してもいいですが、2人のシーンは台本のとおりに演じたことがないです。僕と甲本さんとで、“こうしてみたらどうだろうか”と散々話し合ってから撮影しています」と秘話を披露し、客席からは驚きの声が上がっていました。