AbemaTV(アベマTV)にて7月27日、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』(毎週木曜21時〜22時)が放送された。先週に引き続き「芸人のリリックにかける!G-スタイルダンジョンREC-2-1」の後半戦が放送され、とろサーモンの久保田和靖とレイザーラモンRGがエドはるみについてラップで語り合った。

 それまで登場した出演者たちがお互いをラップでディスり合う中、エドはるみの話題が出たのはRGによる「グーググーググーグ、コ〜!って吸ってやろうかお前の頭頂」とエドのギャグを使った久保田のハゲいじりが発端。これを受けて久保田は「グーググーググーグ、コ〜!は東京の都知事に出ようとしたけど、怖い大人が止めたという話」と都知事選にエドが立候補しようとしたという事実をにおわせるラップで対抗した。

 エドの話で火が付いたRGは「エドはるみの話になったから、今ジャッジしてもらう。どうだ、正直言ってエドはるみのライザップ、ビフォー、アフターどっちが好きだ。俺は、ビフォー。ビフォーのほうでちょっとやべえことになりかけた俺」とエドのライザップ前の太った体形がタイプであったと告白し、久保田にも問いかけた。この質問に久保田は「俺はビフォーでもアフターでもない。ノーマルのあいつ。見てたい。見透かしてたい。抱き寄せたい。エドの下半身でコーココーココー」と久保田もRGもエドのことを女性として意識しているようなラップを奏で、対決は終了した。

 これを受けてアシスタントMCを務めるパンサーの向井慧や加藤は「ほとんどエドはるみの話だったけど」「ちょっと待ってください。ちょっと待ってください。気付いたらラップひどくなってました」ツッコんでいた。

(c)AbemaTV