画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の志田未来が28日、都内のホテルで行われた東海テレビ・フジテレビ系主演ドラマ『ウツボカズラの夢』(8月5日スタート、毎週土曜23:40〜 ※全8話)の制作発表会見に出席。巨大な"ウツボカズラ"のプレゼントに「もらってもあんまりうれしくない(笑)」と苦笑いした。

このドラマは、直木賞作家・乃南アサの同名小説を映像化するもの。家で居場所を失った少女・未芙由(志田)が、富に恵まれた叔母・尚子(大塚寧々)の家に招かれることで、"持てる者"を養分に成長していく「ウツボカズラ女」として目覚めていく。

ウツボカズラとは、自分から動かず獲物を獲得する食虫植物で、この日は志田へのサプライズプレゼントとして、高さ1.6mという巨大ウツボカズラが登場。感想を聞かれた志田は、即答で「うれしくない(笑)」「あんまり育てたくないですよね(笑)」と拒否反応を示したが、幼少期に自宅のリビングにウツボカズラがあったという大塚は「蚊とか虫が入っていくよ」と、実用性を伝えていた。

そんな大塚を、志田は「実は中身が男なんじゃないかというくらい男らしい。カッコいいな、こんな女性になりたいな」と尊敬。会見に同席した国生さゆりについては、会場に入る前に「オトナの土ドラ、オトナの土ドラ」と放送枠名を連呼していたことを明かしながら、「かわいらしいなと思いました」と意外な一面を明かした。

しかし、志田は「このドラマは、まともな人間が1人も出てきません。みんな自分のことばかり考えていて、どこか欠けている」と、役柄になると問題のある人間ばかりが登場することを説明し、大塚は「このドラマをやって思うのは、おばけよりも人間が怖いです」と吐露。

また、志田はあらためて「格差だったり人が抱えてる闇が描かれいるので、このドラマを見ることによって、自分の居場所や幸せをあらためて感じていただければ」とアピールした。