玉木宏、ヨーロッパで活躍した日本人指揮者・近衛秀麿の「裏の顔」に迫る

写真拡大

俳優の玉木宏が、7月29日(土)の『スーパープレミアム』(BSプレミアム、20:00〜)に出演。玉木は、ヨーロッパ各地を旅し「音楽史に眠るマエストロ・ヒデマロの謎」の解明に挑んでいく。

戦前からヨーロッパ・ドイツを拠点に活躍した日本人指揮者・近衛秀麿には、「表の顔」からは想像もできない、もう一つの顔があった。彼は、戦争へと向かう日本で首相を務めた近衛文磨の弟。そんな彼が、刻一刻と激しさを増すナチスのユダヤ人弾圧の嵐のなかで、多くのユダヤ人たちを国外に脱出させ命を救っていたというのだ。しかし、その動機や手法は、いまだに多くの謎につつまれている。

マエストロ・ヒデマロはいかにしてその大胆な試みを企て実行していったのか……。ドラマ『のだめカンタービレ』でクラシックのジャンルを超えて音楽ファンの心をとらえた玉木が、ヨーロッパ各地を旅し、その真実に迫る。