橋本マナミ

写真拡大

28日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、橋本マナミが、今井絵理子参議院議員の「一線は越えていない」発言に異議を唱えた。

「週刊新潮」の27日発売号では、今井参院議員と橋本健神戸市議会議員の熱愛疑惑を報じられ、ふたりが新幹線の中で手を繋ぐ写真等が掲載されている。橋本市議は離婚調停中であるものの既婚のため、ふたりの関係が不倫にあたる可能性もあるとされている。

報道を受け、今井参院議員はマスコミ各社向けのFAXの中で、橋本市議から交際を申し込まれた事実を認めた。加えて、「法律上はまだ妻帯者なので、『一線を越えてはいけない』と思い、(橋本市議に)『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げた」とも釈明している。

コメントを求められた橋本は、「『一線を越える越えない』は人によって違うと思う」としつつ、「『新幹線で手を繋いでしまうぐらい好き』っていうのは、相当ラブラブってこと」と指摘する。さらには、ふたりが男女の仲でなかったとしても気持ちは通い合っているとし、橋本市議の妻からすれば「一線は越えている」と断言した。

橋本は続けて、橋本市議について「すごい問題がある」と苦言を呈する。離婚調停中の身で告白されても、女性側は本気で言っているのか分からないというのだ。自身の経験を顧みた上で、橋本は「結婚している男の方が『離婚するつもりだから付き合って』っていうのはだいたい『するする詐欺』なんですよ!」と断言し、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
加藤浩次 今井絵理子議員の不倫騒動に苦言「嫌な思いをする人間がいる恋愛はダメ」
岡村隆史が今井絵理子議員の不倫疑惑報道に指摘「逃げられへんよね」
高木美保 今井絵理子参議院議員の釈明に苦言「この言い訳には無理がある」