負傷離脱中の森重。早期の復活を願いたい。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 キャプテンで主力CBの森重真人が7月2日のC大阪戦(J1・17節)で負傷。チームドクターの診断を受け、7月25日に埼玉県内の病院で手術した。クラブから発表された「病名と全治」については以下のとおり。

病名 : 左腓骨筋腱脱臼全治 : 約4ヶ月 自身のインスタグラムでは、「チームからのリリースもあると思いますが無事手術を終えリハビリを再スタートします。ドクターを始め病院のスタッフの皆様には本当に感謝です。さて、前へ」とコメントしている。