山賢人&新田真剣佑、原宿に降臨!ロケが2度中止の事態に

写真拡大

俳優の山賢人と新田真剣佑が、7月27日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系列、毎週木曜19:56〜)に出演。東京・原宿に突然出没し、大パニックを巻き起こした。

今回二人は、人気企画「もしも突然街中に芸能人が現れたら声をかける? そっとしておく?」に参加。事前インタビューでは、公私共に仲が良いということで、新田は山を「ケンケン」と、山は新田を「マッケン」と、互いあだ名で呼び合っていると明かした。さらに新田は「僕が(山の家に1週間ほど)旅行に行っていました」と、仲の良さが垣間見えるエピソードを披露した。

原宿の竹下通りを訪れた二人は、変装なしで堂々と闊歩。しばらく歩いていると、山は「この辺かな」とある場所を指差す。そこは、彼が中学3年生の頃に芸能事務所からスカウトされた場所であった。新田は「ここで山賢人がスカウトされたの?」と驚いていた。

誰からも声をかけられないまま、洋服と小物を扱うショップへ入る二人。しばらく商品を物色していると、とうとうバレてしまい辺りは大パニックに。黄色い声援が飛び交う中、ロケを中止せざるを得ない状況になってしまった。

続いて、タピオカの店に行くため、逆方向から竹下通りに再挑戦。しかし、店先でやはりバレてしまい、多くの女性から握手を求められてしまう。そんな状況に再びロケは強制終了となってしまった。

最後に二人が訪れたのは人気パンケーキ店。女性二人組がいる隣の席に座ると、一人の女性が一瞬で気づき、連れの女性に口パクで「山賢人……新田」と伝える。その伝言に、友人女性もとうとう現状を把握し、プチパニック状態に。山と新田は、その女性たちに話しかけ「悩みとかあるんですか?」と質問。女性が「好きな人ができない」と打ち明けると、山は真摯に悩みを聞く。しかし新田は、目的のパンケーキが来ると夢中になって食べてしまい、最終的には山と同じ質問をしてしまった。

モニタリング終了後、山らと対峙した女性は「オーラがスゴくて、手がめっちゃ震えました」、「爽やかだし、優しい人でした」と二人を絶賛していた。