AMDのハイエンドデスクトップ(HEDT)PC向けのCPU「Ryzen Threadripper」を搭載したPCが2017年7月27日に解禁されました。DELLやアメリカのBTOメーカーを中心に、早くもRyzen Threadripper搭載PCが発売されています。

AMD Ryzen Threadripper X399 HEDT Systems Can Now Be Purchased

http://wccftech.com/amd-ryzen-threadripper-x399-hedt-systems-available/

◆DELL Alienware

早くからRyzen Threadripper対応のPCのリリースを発表してきたDELLは、「Alienware Area-51 Threadripper Edition」をどどーんと発表しています。

Search | Dell United States

http://www.dell.com/en-us/search?q=threadripper



Ryzen Threadripper対応モデルは、おむすび型のPCケースを採用する「Area-51」シリーズとして登場します。



もちろん個別にカスタマイズ可能ですが、「Ryzen Threadripper 1950X」「DDR4 2667MHz 8GB」「NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)」を搭載する基本モデルが2999ドル(約33万3000円)となっています。ただし、すべてのAlienware Area-51 Threadripper Editionが「注文から25日〜29日で出荷」と到着まで時間がかかる点には注意が必要です。



◆Cyberpower PC

アメリカのゲーミングPCを得意とする「Cyberpower PC」もRyzen Threadripperモデルを発表しています。

AMD Ryzen Threadripper

https://www.cyberpowerpc.com/page/AMD/Ryzen-Threadripper/

「Ryzen Threadripper 1920X」「DDR4 3000MHz 8GB」「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti」搭載の基本モデルが1699ドル(約18万8000円)で、「Ryzen Threadripper 1950X」「DDR4 3000MHz 16GB」「NVIDIA GeForce GTX 1080Ti」搭載のハイエンドモデルが2999ドル(約33万3000円)となっています。



グラフィックボード2枚のSLI構成も注文可能。



◆CybertronPC

アメリカの老舗BTOメーカーCybertronPCもRyzen Threadripper対応を発表済み。ただし、画像のリンク先はIntelマシンで、記事作成時点ではRyzen Threadripperマシンは準備中でした。

https://clx.cybertronpc.com/pages/Threadripper

◆iBUYPOWER

ゲーミングPCに特化したPCカスタマイズメーカーiBUYPOWERもRyzen Threadripper対応PCの予約を受付中。

amd-threadripper: iBUYPOWER Gaming PC

https://www.ibuypower.com/Product/LandingPage/AMD-Threadripper



「Ryzen Threadripper 1920X」「DDR4 3000MHz 16GB」「NVIDIA GeForce GTX 1070」の基本モデルが2575ドル(約28万6000円)、「Ryzen Threadripper 1950X」「DDR4 3000MHz 64GB」「NVIDIA GeForce GTX 1080Ti」搭載のハイエンドモデルが4179ドル(約46万4000円)となっています。



◆MAINGEAR

日本への発送にも対応しているBTOメーカーMAINGEARもRyzen Threadripper対応マシンの予約を受付中。

MAINGEAR PC | AMD THREADRIPPER PREORDER

https://www.maingear.com/promotions/amd/threadripper.php



「Ryzen Threadripper 1950X」「DDR4 3000MHz 64GB」「NVIDIA GeForce GTX 1080」の「THE R1 RAZER」と「Ryzen Threadripper 1950X」「DDR4 3000MHz 64GB」「NVIDIA GeForce GTX 1080Ti」の「THE RASH」の2つのモデルは、それぞれ4750ドル(約52万7000円)、5949ドル(約66万円)でハードチューブの水冷マシンの受注生産も可能だとのこと。



◆Origin PC

元DELLの技術者が立ち上げた老舗のゲーミングPCメーカーOrigin PCも、すでにRyzen Threadripper対応のX399チップセットマザーボードがBTOで選択できます。

AMD Ryzen Threadripper | ORIGIN PC

https://www.originpc.com/landing/2017/amd-ryzen-threadripper/



ミドルタワーの「MILLENNIUM」とフルタワーの「GENESIS」が選べる模様。



◆Velocity Micro

アメリカのゲーミングPC専門のBTO・Velocity Microも、Ryzen Threadripper搭載PCの予約を受付中。

Buy AMD Ryzen PC @ Velocity Micro

http://www.velocitymicro.com/buy-amd-threadripper.php



◆Digital Razor

ロシアのBTOメーカーDigital RazorもRyzen Threadripper対応PCの予約を受け付けています。

Процессор Ryzen™ Threadripper™ в конфигураторах DigitalRazor

https://digital-razor.ru/promo/threadripper/



なお、記事作成時点では日本国内のBTOメーカーからは、Ryzen Threadripper対応PCのアナウンスはありませんでした。

・おまけ

BTOメーカーへ解禁されたRyzen Threadripperは、自作PC向けCPUが2017年8月10日に発売されます。すでにパッケージデザインはリサ・スーCEOによって公開済み。大きさもさることながらユニークな形状になることが確定しています。





また、der8auer氏によってRyzen Threadripperのヒートスプレッダを剥がす「殻割り」のムービーが公開されています。

RYZEN THREADRIPPER DELIDDING (en) - YouTube