元リヴァプール選手「コウチーニョよりデル・アリのほうがいい」

写真拡大

ネイマールに持ち上がったPSG移籍説。もしそうなった場合、バルセロナはリヴァプールからブラジル代表MFコウチーニョを引き抜くのではとも伝えられている。

そんななか、かつてリヴァプールでプレーした元イングランド代表MFダニー・マーフィーがこの件について語った。『talkSPORT』が伝えている。

ダニー・マーフィー

「もしバルサがコウチーニョのために8000万ポンド(116億円)以上を払おうと準備しているなら、(リヴァプールにとって)いいビジネスだと思うね。

コウチーニョは昨季14ゴールを決めた。これが(投資に対する)彼の最大のリターンだ。

もしリヴァプールが彼の価値を1億ポンド(145億円)と見積もっているなら、デル・アリの価値はどれくらいなんだい?

彼はコウチーニョよりもいい。違うタイプだが、よりいい(選手だ)。

もし8000万ポンドか9000万ポンド(130億円)を得れば、誰か獲得するだろう。

これは仮説だが、(コウチーニョを売却した資金で獲得した)選手たちはコウチーニョがもたらしたゴールやアシストの2倍か3倍は決めるはず。

自分はリヴァプールがコウチーニョを追い払うべきだとは言っていない。彼はワンダフルな選手だし、それには何の疑いもないからね。

だが、もし彼が移籍したがっており、我々(リヴァプール)が8000万ポンドを得られるなら、私はそうするね」