「死んでこそ生きる男」イ・ソヨン、衝撃的な事実を知る

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「死んでこそ生きる男」イ・ソヨンが自身がチェ・ミンスの娘ではないことを知った。

27日、韓国で放送されたMBC水木ドラマ「死んでこそ生きる男」(脚本:キム・ソニ、演出:コ・ドンソン) 第7話と第8話で、イ・ジヨンB(イ・ソヨン) はパド伯爵(チェ・ミンス) が自身の父親ではないことを知る。

この日、パド伯爵はイ・ジヨンA(カン・イェウォン) が幼い頃の写真をイ・ジヨンBに渡した。これを見たイ・ジヨンBは驚きを隠せず、家に戻ってきて自身の幼い頃の写真を探し始めた。

もう一度、自身がパド伯爵の娘ではないことを知ったイ・ジヨンBは「私が娘じゃなかった。私が本当の娘じゃなかった。どういうこと? 一体どうなっているの?」とし、困惑した。