チェ・ミンスの熱演話題「死んでこそ生きる男」水木ドラマの視聴率対決で1位

写真拡大

「死んでこそ生きる男」が水木ドラマの一桁競争の中で勝機をつかんだ。

28日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、MBC水木ドラマ「死んでこそ生きる男」は視聴率8.0%、9.2%を達成した。

同時間帯に放送されるSBS「再会した世界」は7.2%、8.0%を記録し、KBS 2TV「7日の王妃」は7.7%を記録した。

「死んでこそ生きる男」は豪華な人生を享受してきた王国の伯爵が娘を探すために韓国に着いてから繰り広げられる過程を描いたコミカル家族ヒューマンドラマ。チェ・ミンスの熱演で話題を集めている。