昨年開催された「HKT48夏のホールツアー2016〜HKTがAKB48グループを離脱?国民投票コンサート〜」にて指原莉乃や兒玉遥、宮脇咲良などの中心メンバーが不在の中、田島芽瑠や朝長美桜、山本茉央をはじめ、当時発足したばかりのチームT競瓮鵐弌爾筌妊咼紂爾靴燭个りの4期生、そして矢吹奈子と田中美久など、平均年齢16歳・HKT48のフレッシュメンバーのみが出演する公演が2016年7月27日(水)高知県/7月28日(木)鳥取県にて初開催された。その際「1年後にフレッシュメンバーでイベントを開催する」という誓約を立て、今回のイベントで実現。当時来ていた観客へ、成長したステージを披露した。今回のイベントは4日間・全7公演だ。

 今回、HKT48の劇場公演がパピヨン24ガスホールでも開催、そして今秋、博多座でのコンサート決定がサプライズ発表された。



【公演レポート】

 開演前、オープンした会場ロビーでは夏祭りイベントを開催。まずはチームT競瓮鵐弌爾入口にてお出迎え。ロビーでは、4期生による「サイン会」や田中美久&矢吹奈子による「3ショットポラ撮影会」、射的や輪投げなどの縁日ブースには、チームT競瓮鵐弌爾参加した。そしてドラフト生4名による「ドリンクブース」、田島芽瑠と朝長美桜は各ブースに飛び入り参加し、大変な賑わいを見せた。

 開演すると昨年のコンサートの様子やメイキング映像が流れ、フレッシュメンバー全24名がステージと客席各所に登場し、大歓声の中「青春ガールズ」からスタート。続いて「HKT48」「スキ!スキ!スキップ!」などアップテンポナンバーを続けて披露し、パワフルなステージ展開と成長したメンバーのパフォーマンスに会場も一気にヒートアップ。

 2期生の田島芽瑠は「今日のイベントは、昨年のコンサートからどれだけ私たちが成長したのか、皆さんに見つけていただくイベントです。皆さん、私たちの成長を感じていただけていますか…?」と呼びかけると、会場からは大きな拍手が起こった。また、自身の成長した点に話が及び、チームT兇両床はなは「初めてのセンターを発表されたのが1年前。その頃はまだ自信がなかったけれど、今年はセンター2作目です。今は自信を持ってステージに立つことが出来ています!」と満面の笑顔で話した。

 その松岡がセンターを務める、8月2日発売の10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」や 4期生が歌うカップリング曲の「さくらんぼを結べるか?」をライブ初披露。新曲センターの松岡は「ライブで(今回の新曲を)披露するのは初めてで、皆さんの前で(曲中の)台詞を言うところがものすごく緊張しました」と曲中に登場する『キス、しませんか?』という台詞に照れながらも「皆さん聞いてくださいね〜!」とアピールした。

 また、本日7月27日(木)の4公演目となるアンコールでは、現在、HKT48が劇場公演を行っている西鉄ホール(福岡市中央区)だけでなく、今回コンサートを行ったパピヨン24ガスホール(福岡市博多区)でも今秋より劇場公演を開催することを発表。

 するとステージ上のスクリーンには突如「特報」の文字が。2017年9月22日(金)及び9月23日(土)の2日間に渡り「HKT48フレッシュメンバーコンサートin博多座 〜未来は、私たちの手の中に・・・〜」の開催をメンバーにもサプライズで発表された。会場は九州最大級の劇場・博多座。HKT48が博多座の舞台に立つのは、2015年8月15日〜8月31日まで上演した「指原莉乃座長公演」から約2年ぶり、また博多座でコンサートを開催するのは今回、HKT48が史上最年少グループとなる。

 発表を受けて会場は大歓声に包まれ、2期生の朝長美桜は驚きつつも「皆さん遊びにきてください!みんな頑張ろうね!」と大舞台へ向けて意気込んでいた。最後は「最高かよ」を披露し、メンバー全員で深く一礼。温かい拍手に包まれながらフレッシュメンバーイベントは幕を閉じた。

 終演後は感謝の気持ちを込めて、全メンバーによる「お見送り」とメンバー直筆メッセージカードを来場者へ配布。また昨年、高知県公演及び鳥取県公演に来場、誓約を交わした観客とは開演前に記念撮影を行い、1年後の約束の証として集合写真をプレゼントした。

 8月28日(月)、8月29日(火)も同会場にて、フレッシュメンバーイベントが開催される。

(C)AKS