「24」の新シリーズ「24 -TWENTY FOUR- レガシー」/[c]2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

夏休みに入り、海やプール、BBQなど…のレジャーを満喫している人も多いこの季節。もちろん、アクティブな遊びもいいけれど、夏を楽しむアイテムとして提案したいのが涼しい部屋で観る“海外ドラマ”だ。大人気シリーズから新規参入組まで、夜眠るのが惜しくなるほどハマってしまう、今夏オススメの海外ドラマ4本を紹介したい!

【写真を見る】米軍エリート部隊出身のエリック(コーリー・ホーキンス)の活躍を描く(「24 -TWENTY FOUR- レガシー」)/[c]2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

■ リアルタイムで進行!「24 -TWENTY FOUR- レガシー」

まずは、先日、発売&レンタルが開始された「24 -TWENTY FOUR- レガシー」。本作は「24」初となるスピンオフ作品で、主人公ジャック・バウアーを演じたキーファー・サザーランドが製作総指揮を務める新シリーズだ。本作の新しい主人公、米軍エリート部隊出身のエリック・カーター(コーリー・ホーキンス)が国家を脅かすテロリストとの戦いに挑む。リアルタイムで進むおなじみのカウントダウン効果音のほか、「24」でジャックと共に活躍した捜査官トニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)らが出演するなど、シリーズファンにはたまらない一作となっている。

■ 25年後の「ツイン・ピークス」

続いては、全世界で社会現象を巻き起こした伝説のドラマ「ツイン・ピークス」の続編となる待望の新作がWOWOWプライムにて放送中。「ツイン・ピークス」の最終話、殺された美少女ローラ(シェリル・リー)がクーパー捜査官(カイル・マクラクラン)に「25年後にまた会いましょう」と告げた通り、前作の25年後の物語がつづられる。全18話の監督を務めるのは、前作も手掛けた鬼才デヴィッド・リンチ。熱狂的なファンを生み出した、監督が魅せる奇妙な世界と新たなる謎に酔いしれてみては?

■ 佳境を迎える!「ゲーム・オブ・スローンズ」

また、ジョージ・R・R・マーティンのベストセラー小説「氷と炎の歌」を映像化した「ゲーム・オブ・スローンズ」の新シーズン「ゲーム・オブ・スローンズ第七章」(STAR CHANNELにて放送中)も登場。架空の王国を舞台に複数の名家による覇権争いを描き、新シーズンでも原作を追い越した未知なる物語が展開する。生き残っている主要キャラのジョン・スノウ(キット・ハリントン)や“北の脅威”ホワイト・ウォーカーたちが、どのように王座獲得に関わってくるのか注目だ。

■ トルコ発の愛の物語「オスマン帝国外伝」

そして、最後にオススメしたいのが、異色のトルコドラマ「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」(チャンネル銀河にて8月7日より放送)だ。オスマン帝国の第10代目皇帝スレイマンの後宮を舞台に、スレイマンの寵愛を巡る女性たちの熾烈な権力争いを描く。

先月開かれたトルコドラマ日本初上陸記念パーティでは、駐日トルコ共和国大使A.ビュレント・メリチ氏らが登壇し、同ドラマの魅力をアピール。協賛であるターキッシュ エアラインズ 東京支社支社長 メフメット・アカイ氏が「トルコではこのドラマを観るために、放送日はみんな予定を切り上げて家に帰っていました」と話すように、第1〜2話のダイジェスト版の上映後には、早くも「続きが気になる!」「ハマりそう!」という声が来場者から続出した。トルコドラマブームの火付け役になりそうな予感がするので一足先にチェックしておこう。

サスペンスやSF、歴史ドラマなど様々なジャンルが揃った、この夏観るべき海外ドラマ。どれもこれも、一度観れば抜け出せなくなること必至。すでに放送中の作品もあるので、ぜひ早めのアクションを!【トライワークス】