『婚約者の友人』 ©Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinéma - Films Distribution

写真拡大

フランソワ・オゾン監督の新作『婚約者の友人』が、10月21日から東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

【もっと大きな画像を見る】

第一次世界大戦を経た1919年のドイツが舞台となる同作。婚約者のフランツを戦争で亡くした女性・アンナが、パリでフランツと知り合ったという男・アドリアンと出会い、距離を縮めていくが、やがてアドリアンの秘密が明らかになるというあらすじだ。

フランソワ・オゾン監督は脚本も担当。物語は1932年にエルンスト・ルビッチ監督によって映画化されたモーリス・ロスタンの戯曲『私の殺した男』を下敷きにしている。作品はモノクロームとカラーの映像を交えながら展開される。

アドリアン役を演じるのは、『イヴ・サンローラン』で『セザール賞』主演男優賞を受賞したピエール・ニネ。アンナ役を演じたパウラ・ベーアはオーディションで選出され、昨年に開催された『第73回ヴェネチア国際映画祭』で新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝いた。原題は『Frantz』。