宇多田ヒカル“Forevermore”より

写真拡大

宇多田ヒカルの新曲“Forevermore”のPVが公開された。

【動画と画像を見る(6枚)】

本日7月28日に配信リリースされた“Forevermore”。長瀬智也、吉岡里帆が共演しているTBS系の連続ドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌に起用されている。

同曲のPVを監督したのは、Samphaの“(No One Knows Me) Like The Piano”のPVなどを手掛けたイギリスのクリエイターであるジェイミー・ジェームス・メディナ。撮影は6月にロンドンで行なわれ、全編にわたって宇多田ヒカル本人によるコンテンポラリーダンスのパフォーマンスがフィーチャーされている。

振付を担当したのは、Atoms For Peace“Ingenue”のPVでトム・ヨークと共演したロンドン在住の振付師Fukiko Takase。数日間にわたるダンスリハーサルを経て撮影に臨んだという宇多田ヒカルは、撮影直後のインタビューで「昨年アルバム『Fantôme』を発売して、音楽がより肉感的になったという評価もされていたので私も(今、作っている音楽は)で肉体や体温を感じる音楽になってきたなーと思っていたので、この『Forevermore』を体で表現するっていうのはいいなと思って、制作に臨みました」とコメントした。