「あなたがいいならそれでいいけど」は、坂上忍さんと土田晃之さんが毎週異なるテーマに小気味よく回答する『anan』人気連載。

今回のテーマは「お局」。お局とは、職場を仕切る古参の女性社員のこと。後輩や新入社員への指導や態度が高慢だったり、意地悪、口うるさい、という印象を持たれている。でも、嫌われ役として必要な存在とも。そんなお局について、坂上忍さんはどう考えている?

スポンジの役割を果たす大切なポジション

「お局」という言葉だけだと、マイナスなイメージがあるけど、僕は、必要な存在だと思います。誰よりも気が利くし、仕事の経験値も高い。

ただ、ネックになるのは嫉妬深さ。自己顕示欲が強いせいで、周りに贔屓の人をつくったりするから、ちょっとタチが悪いんですよね〜。

アラサー=中間管理職。たしかに、仕事の経験値はそれなりに高いのに、若手と上司の間に挟まって面倒くさいポジションですよ。でも、ただ、会社という組織には、時には陰口の対象になったり、ストレスやイライラをスポンジのように吸収してあげられる人が、絶対に必要なんですよ。それが、「お局」。あの『大奥』を見ても分かるとおり、嫌われ役なんです。

自分がお局のポジションだと自覚できたなら、割り切ってお局を買って出るくらいの人がいてもいいと思うんですけどね。「ハイ、私お局になります!」って挙手するくらいの潔さがあれば、必ずアナタの頑張りに感謝する上司がいるはず。ネガティブな印象だけど、大切なポジションだと僕は思いますよ。

さかがみ・しのぶ 俳優。『バイキング』(フジ月〜金曜)メインMC。『好きか嫌いか言う時間』(TBS月曜19:56〜)、『ダウンタウンなう』『有吉ゼミ』レギュラーほか出演番組多数。

※『anan』2017年8月2日号より。イラスト・3rdeye 文・神保亜紀子

(by anan編集部)