宇多田ヒカルの新曲『Forevermore』のMVが公開

宇多田ヒカルのニューシングル『Forevermore』の配信が7月28日より開始され、YouTubeにて同曲のMVも公開となった。『Forevermore』はTOKIOの長瀬智也が主演のドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌としても注目を集めている楽曲だ。

宇多田ヒカル

<耳マンのそのほかの記事>

宇多田ヒカル『Forevermore』配信ジャケット

宇多田史上初!? 全編本人によるダンスで構成されたMVに

同曲のMVは2017年6月にロンドンにて撮影が行われ、映像作家や写真家などさまざまな分野で活躍する新進気鋭のクリエイター、ジェイミー・ジェームス・メディナが監督を担当。全編にわたり宇多田による生命力あふれるコンテンポラリーダンスがフィーチャーされた作品に仕上がっている。これまでも彼女の楽曲『traveling』『Passion』『Keep Tryin’』『Goodbye Happiness』などのMVでは一部ダンスを取り入れられていたが、ここまで全編本人によるダンスで構成されたビデオは宇多田史上初だという。今回振り付けを担当したのは、ロックバンド・レディオヘッドのトムヨークとの共演でも話題を呼んだロンドン在住の振り付け師Fukiko Takase。宇多田本人も数日間にわたって綿密なダンスリハーサルを行い、撮影に臨んだ。

宇多田ヒカル『Forevermore』MVより

「体で表現するっていうのはいいなと思って」

同MVについて宇多田は撮影直後のインタビューにて「昨年アルバム『Fantôme』を発売して、音楽がより肉感的になったという評価もされていたので私も(今、作っている音楽は)で肉体や体温を感じる音楽になってきたなーと思っていたので、この『Forevermore』を体で表現するっていうのはいいなと思って、制作に臨みました」と語っている。彼女による渾身のダンスをぜひその目で確かめてほしい!

『宇多田ヒカル 『Forevermore』(Short Version)』

[耳マン編集部]