社内に好きな人ができたら、会社で好きな人に会える嬉しさと、みんなに内緒にするドキドキ感を味わえます。しかし、社内恋愛を始めるには相当な覚悟が必要なようです。今回は上司・同僚・後輩によってのアプローチの仕方、別れたときのリスクなど社内恋愛のあれこれをご紹介します! 

社内恋愛 上司の場合



出典:Shutterstock.com

仕事を教えてもらう上司に、ときめいた経験がある人も多いのでは? 仕事がデキる男性は、素敵に見えるもの。アピールするときには、仕事の悩みなどを聞いてもらうことから、始めてみましょう。ふたりでオフィスにいる時や、飲み会がチャンス。あなたが真剣に仕事に向き合っていると感じ、彼に好印象を与えられるはず。また、部下と恋愛関係になることは、仕事に差し支えないかと彼が考えてしまう場合もあります。親しくなった後も、ベタベタすることはNG。場をわきまえた行動をすることが上司にアピールをするポイント。彼に信頼してもらうことで、彼女への道が開けるかもしれません。

社内恋愛 同僚の場合



出典:Shutterstock.com

仕事を一緒にスタートした同僚は、社内では一番心の距離が近いポジション。仕事のグチや将来の目標など、何でも話せる同僚には少なからず安心感を抱く人も多いはずです。アピールするときは、少なくとも1日1回は必ず声をかけること。少しの時間であっても、声をかけ合うことで、自然と親しい仲に。ふたりが同僚であることから、社内で話していても周りから怪しまれないので、気軽に声をかけてみましょう。

社内恋愛 後輩の場合



出典:Shutterstock.com

後輩にアプローチすることは、立場の違いと年下というふたつの難関があります。なかには、先輩と社外で会うことを嫌がる人もいます。しつこく誘ったり、構ったりすると本気で嫌がられる可能性も。まずは、ゆっくりと距離を縮めていくことがポイント。先輩の言うことに逆らえず、嫌々付き合っていました…なんてことにならないように、時間をかけてふたりの関係を築いていくと成功しやすいかもしれません。

精神的にツライ! 別れたときのリスク



出典:Shutterstock.com

社内恋愛の一番のリスクは、別れたときに気まずくなること。別れたあとでも顔を合わさないといけませんし、何事もなかったように話さないといけないのは辛いもの。別れた彼から最初から何もなかったように対応されると寂しく感じ、精神的ダメージを受ける場合も。また、彼が社内で他の女の子と付き合うことになってしまった場合、気分のいいものではありません。仕事どころではなくなってしまい、仕事を退職してしまうケースも。そうならないように社内恋愛は、軽い気持ちで始めず覚悟を持ってしましょう。

社内恋愛は毎日顔を合わせて、声をかけていくことで恋愛に発展しやすいようです。社内に気になる彼がいる人は、リスクと向き合いつつアプローチの参考にしてみてくださいね。