台湾警察(National Police Agency)は新しく「訓練生」として採用した警察犬を6月8日にお披露目しました。採用されたのは生後2ヶ月のラブラドールの子犬6頭です。

Facebook/NPA署長室

可愛すぎる未来の警察犬たちの姿をフェイスブックに投稿したところ、投稿を見た人たちは一様に「未来の警察犬、可愛い!」「私も犬のチームに入りたい」とメロメロに……。

6匹の犬の名前はそれぞれ、ラッキスター(福星)、シューマン、フェイダ、ブラザー、AJ、フルムーン(満月)と名付けられています。

Facebook/NPA署長室

Facebook/NPA署長室

父母は優秀な警察犬として活躍中

彼らの両親の犬も警察犬で、爆発物や密輸品、薬物を捜査するチーム(NPT’s K-9)で活躍しています。子犬たちも今後は訓練を重ね、将来は親たちと同じチームで働くことになる予定とのこと。

Facebook/NPA署長室

台湾警察は「彼らは母犬や父犬たちのように訓練を成功させて、警察に入ることになるでしょう」と語っています。

Facebook/NPA署長室

Facebook/NPA署長室

子犬たちは成長するまで普通の子犬と同じように育てられますが、台湾警察のキャプテン・Panさんは子犬の様子についてこう語っています。

「時々、ラッキースターは食べている間に眠ってしまい、突然起きたと思ったら何事もなかったようにエサを食べ続けてるんですよ。こんなにかわいい犬たちを愛せないはずがないです」

かわいい子犬に夢中になっていることがコメントから伝わりますね。

Facebook/NPA署長室

Facebook/NPA署長室

Facebook/NPA署長室

Facebook/NPA署長室

将来は警察犬として立派に活動することになりますが、それまでは台湾警察の人たちに愛情を注がれて育っていくのでしょう。