稲田防衛相「責任痛感」、日報問題で辞任 岸田氏が兼務

写真拡大

[東京 28日 ロイター] - 稲田朋美防衛相は28日の記者会見で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題を巡り、安倍晋三首相に辞表を提出したことを明らかにした。辞表は受理された。岸田文雄外相が兼務する。稲田氏は「防衛省、自衛隊を指揮監督する大臣として責任を痛感した」と語った。第2次安倍政権発足以降、閣僚辞任は6人目。首相の任命責任が問われるのは確実な情勢だ。

稲田氏は会見で、同日公表された特別防衛監察の結果を受け「極めて遺憾」と表明する一方、日報問題を巡って稲田氏に報告があったかどうかに関しては「報告を受けた認識は今でもない」と明言した。

辞任決断の経緯については「この問題が浮上した時から(辞任の考えを)ずっと持っていた」と語った。

同日午前の閣議では、黒江哲郎防衛事務次官と岡部俊哉陸上幕僚長の辞任も了承された。

一方、安倍晋三首相は稲田氏の辞任を受け、官邸で記者団の取材に応じた。首相は「国民の皆様に心からおわびする。批判は真摯に受け止める」と述べたが、政権への風当たりが一層強まるのは避けられない。

*内容を追加しました。

(梅川崇 編集:吉瀬邦彦)